アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/21
アクセスを集めよう(4)
アクセスを集めよう(4)
アクセスアップの王道は情報量を多くする事
最後にアクセスアップの王道についてお話しします。アクセスアップの手法と言うのは、検索エンジンのシステムの変更などによって、状況の変化とともに変っていくものです。

特に最近は、大手検索エンジンのヤフー、グーグル、MSNの競争が激しいですが、改良する為のシステム変更が頻繁に行われています。

その影響を受けて、これまで有効だったアクセスアップ対策が使い物にならなくなったりというケースもおきています。

そんな中で、これだけは、何があっても変らないだろうという手法が1つだけあります。それは情報量を多くする=ページ数の多いサイトを作ると言う事です。

「なんだ、そんなことか」

と思われた方も多いかも知れませんが、これ以上に確実に効果を上げる事が上がる方法はありません。

**********

アクセスアップの王道になる理由としてのメリットを一つずつお伝えします。

■ 情報量を多くするメリット:理由1(サイト内の被リンク数が増える)

サブページが増えれば増えるほど、サイト内の被リンク数は増えます。これは純粋にSEO対策になります。被リンクというのは、外部リンクの方が効果を期待出来るのですが、質よりも量という部分もあって、被リンクの数さえ多ければなんとかなってしまいます。

ですから、サブページを増やして、サイト内の被リンク数を増やす事は、理にかなっていると言えます。

**********

■ 情報量を多くするメリット:理由2(他のサイトに勝手に紹介してもらえる)

情報量が多いサイトを作れば、他者からの評価が高くなります。そうなると、あちこちで、勝手にリンクを貼ってくれます。

こう言った口コミの情報は強いですから、これだけで純粋にアクセスが増えます。

**********

■ 情報量を多くするメリット:理由3(リピーターが増える)

情報量が多いサイトは、何度もアクセスしてくれる人=リピーターが増え、これがアクセスアップに繋がります。

逆にリピーターが増えない限り、アクセスも上がりません。アクセスしてくれた人が、その度に「もうこのサイトにはアクセスしない」離脱してしまえば、それはザルに水を汲むようなものです。どれだけアクセスアップ対策を施しても、根本的に意味がありません。

私のサイトはリピーターが34%ですので、これぐらいあったらまずまずです。そのサイトはユーザーから支持されていると思って間違いありません。

一方この数字が極端に少ないようでしたら、サイトの質をもう一度冷静にチェックしてみて下さい。ユーザーにとって、あまり役に立たないサイトになっている可能性があります。

最低全体の20%がリピーターであって欲しいものです。

**********

■ 情報量を多くするメリット:理由番外編(それは誰もやらないこと)

最後に番外編として、もう一つ理由があります。それは、誰もやらないということです。

説明するまでもありませんが、これってとっても面倒なことです。サブページを多く作ればいいと言うのは、口で言うのは簡単ですが、、実行してみると大変です。

多分数百ページのサイトを作ろうと思ったら、1年ぐらいはかかってしまうかも知れません。ですから、、ほとんどの人はそこまでやりません。

そしてやる人が少ないからこそ、やった人はそれだけで勝てます。これも単純な事ですが真理です。

どんなノウハウでも、誰もがやれる事はすぐに一般化してしまうので、その時点で意味はなくなります。

**********

■ アクセスアップの手法の結論(最も有効なノウハウ=面倒な事+誰もがやらない事)

アクセスアップの手法を突き詰めて考えていくと、こんな結論に達します。そんなわけで、貴方にも王道を歩いて頂けたらと思います。面倒ですが、効果は確実です。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
スポンサーサイト
04/21
アクセスを集めよう(3)
アクセスを集めよう(3)
被リンク数を増やす方法
本題の被リンク数を増やす方法についてお伝えして行きます。いくつかやり方はありますが、すべて誰にでも出来る簡単なものばかりです。技術的なスキルは必要としません。

一方で、努力は必要とします。ちょっと大変ですが、それだけに実行する人も少ないので、実行すれば必ず上位表示させる事ができます。

地道に取り組んで下さい。

**********

■ 被リンク数の増やし方:その1(自分と同じ様なテーマを持つサイトと相互リンクを行う。)

基本中の基本ですが、相互リンクは欠かせません。上位表示されるサイトは、相互リンクだけでも100単位、中には1000以上のサイトと相互リンクするサイトも存在します。(個人のサイトで)。

サイトの立ち上げ時には、貴重なアクセス源にもなりますので、意欲的に実行して下さい。最初は出来るだけ、自分と同じテーマを持つサイトを探しましょう。

検索エンジンは、違うテーマのサイトから貼られたリンクより、同じテーマを持つサイトから貼られたリンクのほうを重要視します。

**********

■ 被リンク数の増やし方:その2(自分でメルマガを発行、バックナンバーを公開する。)

自分でメルマガを発行して、被リンク数を稼ぐことも出来ます。これは被リンク数稼ぎというより、普通にメルマガを発行していれば、勝手に被リンク数が増えてしまうと考えた方が分かりやすいです。

メルマガを発行した事がある方であれば分かると思いますが、通常メルマガを発行する時には、紹介ページを自分で作ります。

この紹介ページは配信スタンドからリンクされますので、ここでまず被リンク数が1つ増えます。

さらに、配信スタンドではバックナンバーを公開する機能が付いています。私は、「E-Magazine」から、メルマガを発行しています。不定期ですが、出来るだけ毎日発行するようにしています。毎日、被リンク数が1つずつ増えていくことになります。凄く簡単なことですよね。是非実行して下さい。

このノウハウを利用する時の注意点ですが、必ずメルマガの本文の中に、自分のサイトのURLを記載して下さい。これがなければ、バックナンバーを公開しても意味がないので、要注意です。

発行の際には、他のメルマガを参考にして、雛形を作り、それを毎回編集して発行すると言う手順だとかなり楽になります。

**********

■ 被リンク数の増やし方:その3(ブログを作成する。)

ブログもメルマガと同じ様に、被リンク数を稼ぐのに効果を発揮してくれます。というより、メルマガと全く一緒です。

日記を書く時、最後の方で構わないので、自分のサイトへのリンクを貼っておきます。これで、被リンク数が1つ出来上がります。

また、ブログと言うのは検索エンジンと相性が良く、上位表示されやすい傾向にあります。今は以前ほどではありませんが、依然としてそこそこの効果はあります。

検索エンジンで上位表示されると言う事は、ブログへのアクセスが多くなり、さらにブログからサイトにアクセスを流す事が出来ます。

こういった意味でも、ブログは必ず押さえておきたいポイントの一つです。(ちなみにブログ自体でアフィリエイトをするのもOKです。)

**********

■ 被リンク数の増やし方:その4(自分のサイトからのリンク)

最後になりますが、被リンク数アップに欠かせないのが、自サイト内からのリンクです。検索エンジンは、同じドメインからのリンクであっても被リンク数として教えてくれます。

上位表示対策の基本として、ボリュームの多い方が有利だと言われているのは、こういった理由からです。

私の経験からすると最低でも200頁は欲しいところです。

作成したサブページ全部にトップページへのリンクを貼れば、トップページの評価が上がります。私は伊藤講師から、メニューを全てのページに作るようにアドバイス頂きました。全てのページがお互いにリンクし合っています。

いずれにしても、自分のサイトのページ数が多い事はメリットになります。それだけ情報量があるという事で、ユーザーからの評価も高くなりますから、ページを増やす事だけは、常に意識していてください。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
アクセスを集めよう(2)
アクセスを集めよう(2)
今すぐ出来る検索エンジン対策実践テクニック
■ 検索エンジン対策は素人でも出来る

検索エンジン対策と言うと、ネットのプロでなければ出来ないイメージを持っている人もいるかも知れません。

決してそうではありません。

ポイントを押さえれば、誰にでも可能です。

**********

■ 検索エンジンで上位表示される秘訣は2つだけ

■ 上位表示される秘訣:その1(キーワードの数を増やそう)

例えば、貴方が「ダイエット」と入力して検索をかけたとします。

そうすると、検索エンジンは「ダイエット」というキーワードが沢山入っているサイトを探して、そう言ったサイトを上位表示させます。

その理由は、ダイエットに関する情報が含まれているサイトであれば、「ダイエット」と言う言葉も(自然に)多く使われるはずだという単純な理屈です。

つまり、ダイエットと言う言葉が多くある=ダイエットに関する情報が沢山入っている、と考え、そういったサイトは重要なサイトと認識する訳です。

■ それでは、サイトの中にとにかく、キーワードを沢山書いておけばいいの?

そう思われるかも知れませんが、駄目です。こういうことはスパム(検索エンジンに上位表示される事を狙った不正行為)と見なされます。スパムと判断されたサイトは逆に順位が落とされます。

最悪のケースで、検索エンジンのデータベースから削除されてしまうこともあります。(検索エンジンで表示されないと言う事)。

キーワードの数もある程度までであれば、意識的に増やしてもスパムと認識される事はありません。

これは色々なデータがあるのですが、サイトの中に含まれるキーワードの数が、文章全体で3~6%程度(100文字中3~6語)であれば、問題ないようです。

逆に言えば、これぐらいのキーワードは意識的に使った方が、上位表示されやすいことになります。

キーワードの割合は、ネット上で無料で公開されている「キーワード出現頻度解析」というツールを使えば簡単にチェックできます。

このツールは、URLを入れると、その頁に使われているキーワードの数を自動的にカウントしてくれるツールです。

私は伊藤講師からは、キーワードは5~8%ぐらいで作成して下さいとアドバイス頂きました。これも、それぞれの状況によって、変ってくるので、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

■ 上位表示させたいキーワードは、テーマごとにサブ頁を作る。

1つだけアドバイス出来るとしたら、上位表示させたいキーワードがある場合、そのキーワードをテーマにしたサブ頁を作成する事です。

**********

■ 上位表示される秘訣:その2(被リンク数を増やす事) 

検索エンジンがサイトの重要度を決めるもう一つのポイントは、「被リンク数」です。「被リンク」というのは、貴方の頁に対して貼られているリンクの数です。

簡単に言えばどれだけのサイトが貴方の頁にリンクを貼っているのかということです。これも理屈は非常に分かりやすいものです。

リンクを貼る事は、そのサイトにそれなりの価値を認めたからこそとも言えるのです。被リンク数の多いサイトは、それだけの価値があると検索エンジンは判断します。

現在、検索エンジンの上位表示対策で検索結果の表示を決めるものは、この被リンク数が全てと言っても過言ではないくらい重要な要素です。

どんな分野でも、TOP10に入る様なサイトは、被リンク数が最低数百件はあります。

■ 被リンク数をチェックする方法

やりかたは簡単。検索窓に被リンク数を調べたいURLを入力するだけです。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
アクセスを集めよう(1)
アクセスを集めよう(1)
上位表示させる為の検索エンジン対策
■ どうやってサイトを見る?

さぁ、貴方にとって、初めてのサイトが出来ました。心は達成感で満たされているかも知れません。でも、ここで満足してはいけません。

せっかくサイトを作っても、それを見てもらわなければどうにもなりません。

アフィリエイトというビジネスを行うのであれば、1日100回のアクセスが必要です。出来れば500回以上は欲しいところなのですが、まずは1日100回のアクセスを目指して下さい。

アフィリエイトプログラムの内容にもよりますが、100人アクセスしてもらえれば、そのうち1~2人は購入してくれます。まずはここが収入を上げる出発点です。

いよいよ本番です!次のポイントを頭に入れながら、どうやったら上位表示出来るのか伝授して行きます。

アクセスアップと言うと、ネットビジネスの鍵でもあるので、ハイテクなイメージを持つ方がいるかも知れません。しかし、実態は誰にでも出来る事なので、ご安心を!

ある会社が、「ネット検索に関する調査」を実施したところ、こんな事が分りました。

■ ユーザーの大半は検索エンジンを経由して、閲覧するサイトにたどり着く

■ 検索エンジンでサイトを探す人のほとんどが、検索結果で出された表示を2ページまでしかチェックしない

この2つのデータを組み合わせると、サイトのアクセスアップを達成する為に必要な事は・・・・。

■ 検索エンジンの検索結果で上位20位以内に表示される事

実際には20番以内というより10番以内と言った方がいいですが(10番以内と10番以降ではアクセス数に大きな差が生じるから)、どちらにしても検索エンジンで上位表示される事が重要になって来ます。

そこで、検索エンジンで上位表示される対策を練らなくてはいけません。これがいわゆる上位表示対策(SEO)と呼ばれるものです。細かい事を抜きにして、SEO=アクセスアップ対策と思って下さい。

**********

■ アクセスアップはお金をかけずに出来る

検索エンジン対策はお金を必要としないので、ノウハウさえあれば、誰にでも出来ます。アフィリエイトで稼ぐ為の鍵なので、気合を入れて取り組みましょう。

検索エンジンはロボットという機械が自動的にサイトの重要性を判断して、順番に表示して行きます。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
ネタ出しのワーク(2)
ネタ出しのワーク(2)
ネットを活用して簡単にネタを集めるテクニック
ネタ出しの手順は、これまで説明してきた事ですべてですが、中にはここまで手順を踏んでも、ネタがなかなか出て来ないという人もいるかも知れません。

そう言った人の為に、ネットを活用して、簡単にネタをまとめるやり方をお伝えします。

これからお伝えするやり方は大きく2つあります。1つは、「キーワードアドバイスツール」を活用するやり方、もう一つは、他のサイト(「教えて!goo」と「はてな」)を利用したものです。

*********

■ ネットで簡単ネタ集めテク:その1

「キーワードアドバイスツール」は最強のネタ出しツール

このサイトで何度か登場している「キーワードアドバイスツール」。このツールはネタ出しの時にも威力を発揮します。

「キーワードアドバイスツール」をもう一度開いてみて下さい。ここで、例えば「パソコン」と入力してみて下さい。そうすると、ズラッとキーワードが出てきます。これをネタ出しに活用します。

今回のパソコンで言えば、自作パソコン、パソコンデスク、パソコン用語集などとカテゴリーを考えて、サブ頁を作って行きます。

この様に検索数の多いキーワードからサイトの内容をまとめて行けば、簡単にネタが揃います。このやり方には、よりユーザーのニーズに合ったサイトが作りやすいというメリットがあります。テーマ選びの時にもお話したように、どんなに良い情報でもそれを知りたいと言う人が少なければ何の意味もありません。

サイト運営者がユーザーの求めるものだろうと思ったものと、ユーザーが実際に求めているものは違っていて、そこでミスマッチが生じる事が珍しくありません。「キーワードアドバイスツール」を活用する事で、このミスマッチを防ぐ事が出来ます。

**********

■ ネットで簡単ネタ集めテク:その2

「キーワードアドバイスツール」のキーワードをそのままネタにする。

「キーワードアドバイスツール」において「TOEIC」というキーワードの検索回数を調べた結果ですが、メインキーワードの他に「TOEIC スコア」「TOEIC 英検」「TOEIC対策」など、色々なキーワードが並んでいます。

これらに関するコンテンツを、1頁ずつ作っていく方法です。

検索されているキーワードにはニーズがあるのです。ここに合うコンテンツを作れば、よりユーザーの要望に答えたサイトが出来上がります。

検索回数が数千回のキーワードが数十個、100個と集まってくれば、とてつもない数になります。それだけの検索回数があるキーワードで上位表示されたら、アクセスは間違いなく上がります。

要は入り口頁が増えると言う事です。

ユーザーのニーズにも応えられて、かつ、アクセスアップにも繋がる一石二鳥の方法です。このやり方であれば、ネタに尽きる事はありません。

**********

■ 「教えてgoo」と「はてな」は貴重な情報源

次に、他のサイトを活用して、ネタ出しをするやり方を説明します。ここで登場するのは、「教えて!goo」「はてな」と言うサイトです。

ユーザーが自分の分らない事を質問として投稿し、その事について知識を持つユーザーが答えるというサービスを提供しているサイトです。質問者と回答者をつなげるマッチングサイトのようなものです。

質問と言うのは、ユーザーが知りたい事。まさにニーズです。自分でネタを考えなくていいので便利です。

**********

ネットを利用してネタ出しする方法は以上です。情報ソースを利用して常に情報収集して行けばネタ出しはスムーズに行くはずです。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
ネタ出しのワーク(1)
ネタ出しのワーク(1)
ネタ出しは大枠から決めていく
情報が集まったら、次は具体的に自分が書く内容をまとめて行きます。いよいよネタ出しの本番です。

ネタ出しをする時は、大枠になるカテゴリーを決めた後で、次にそれぞれのカテゴリーの細かい内容を詰めて行くようにするとまとめやすくなります。

具体的な手順は次のようになります。

**********

■ ネタ出し:ステップ1

カテゴリーを決める

まずはサイトに掲載する情報をカテゴリー単位で考えて見ます。

この段階では、こんな情報を載せていこうかなという大まかな目安で構いません。具体的な内容については次のつテップで考えます。

またカテゴリーの数は7~15程度の幅にしておくのが妥当です。カテゴリーの数が7以下であればそれは情報量が不足しています。一方、カテゴリーの数が15以上の場合、サイトテーマと外れるものが含まれている可能性があります。焦点がぶれないように確認が必要です。

**********

■ ネタ出し:ステップ2

カテゴリーごとに具体的な内容を詰める

次にカテゴリー別に掲載する情報をまとめます。商品を紹介するカテゴリーであれば、実際に紹介する商品を決定します。情報を紹介するカテゴリーであれば、具体的な内容を決めます。

ポイントは1テーマごとにサブ頁を作っていくことです。

具体的な内容を考えているうちに、ステップ1で考えたカテゴリーとは一致しない内容も思いつくかも知れません。その時は、新たにカテゴリーを追加して下さい。逆にステップ1で設定したカテゴリーにそう具体的な内容が思いつかない場合があります。その場合はそのカテゴリーは削除しましょう。

この様にして、ステップ1とステップ2のプロセスを繰り返しながら、内容をまとめて行きます。

お気付きかも知れませんが、これで貴方のサイトは、トップページ、カテゴリーページ、具体的な内容(テーマ)を書くサブページの3層で構成されるようになります。これがサイト作成の基本になります。3層以上にしてしまうと、ユーザーにとって非常に見づらいサイトとなりますので、要注意です。

**********

■ ネタ出し:ステップ3

情報の種類をチェックする

一通り、内容のネタ出しが終ったら、情報の種類をチェックします。最初にアフィリエイトで稼げるサイトを作るには、3種類の情報が必要であると書きました。復習しておきましょう。

・商品を売り込む為の情報

・サイトを売り込む為の情報

・パーソナリティを売り込む為の情報

この3種類の情報を全て網羅しているでしょうか?欠けている部分があったら、補うものを考えて下さい。

**********

■ ネタ出し:ステップ4

情報量をチェックする

まとめた内容の情報量は、どれくらいになりましたか?サイト立ち上げ時としては、トータルで30頁程度が目安。最初は無理に拘らなくても構いません。

*********

■ ネタ出し:ステップ5

更新頻度を保つ事が出来るかどうかの確認

ある調査によれば、人は商品を購入するまでに、4~7回その商品に接触するそうです。これは、モノを買ってもらうには、何度もその商品を見てもらう必要があるということです。

ネットで言えば、自分のサイトに何度も繰り返し訪問してもらわなければいけないということです。

更新頻度をまめにし、サイトの鮮度を高めれば、それだけ多くの人が頻繁に貴方のサイトに再訪問します。

サイトの更新作業はそれだけ重要という事です。しかも長期間に渡って続けなければいけません。それだけの事が出来るかどうか、ネタが続くのかどうかと言う点をあらかじめチェックしておいて下さい。

*********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
ネットで情報ソースを確保するワーク
ネットで情報ソースを確保するワーク
インターネットは宝の山
ここでは、「ネットから情報ソースをゲット!」の仕方を、さらに詳しく見て行きましょう。メインとなるところなので、しっかりと読んでください。

ネット上での情報ソース数は、100通りの情報ソースを集める事を目指します。

なかなか至難の業ですが、自分のサイトテーマに関連する事をくまなくチェックすることになります。このワークを実行するだけで、ネット上におけるそのテーマの動向に精通する事が出来ます。

**********

■ ネットで情報確保:ステップ1

検索エンジンでチェック!

まずは、検索エンジンに貴方のサイトテーマに合うキーワードで検索し、表示されるサイトを順番に見て行きます。検索結果を見るとき、上位表示されるものをいくつかチェックして終るのが普通ですが、情報ソースを探す時は不十分です。

私の経験でも、300番目、400番目、に表示されるサイトが貴重な情報ソースになったりしています。

**********

■ ネットで情報確保:ステップ2

サイトのリンク集

どんなサイトにもリンク集があるものです。リンクされているサイトと言うのは、大抵、そのサイトと同じテーマのサイトです。

つまり、情報ソースとして使えそうなサイトからリンクされているサイトも、同じ様に貴方にとっては貴重な情報源になってくれる可能性があります。

そこで、貴方がピックアップしたサイトのリンク集もチェックしてみて下さい。

**********

■ ネットで情報確保:ステップ3

「まぐまぐ」でチェック!

次はメルマガです。メルマガをチェックするには、「まぐまぐ」と言うサイトを利用します。情報ソースとなり得るような優秀なメルマガの大半が「まぐまぐ」を利用しているので、ここを押さえておけば充分です。

「まぐまぐ」にアクセスして、検索窓に貴方が求めている情報ソースに関連するキーワードを入れて検索してみて下さい。そこで表示されるメルマガをチェックしてみて下さい。

*********

■ ネットで情報確保:ステップ4

人気ブログランキングでチェック!

今度はブログのチェックです。ブログは個人が自分の体験をそのまま書いてあるものが多いのが特徴です。

普通の人の視点からの情報も大切。そう言った情報を入手する為に使って下さい。もちろんキチンとした情報をまとめたブログも、要チェックです。

人気ブログランキングがランキングサイトの最大手です。このランキングをチェックすることもお薦めします。

*********

これで情報ソースのチェックは終了です。アフィリエイトサイト運営を続けていく上で、なくてはならない存在です。

メンテナンスもこまめに行い、常に新しい有益な情報源を確保するようにして下さい。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
ネットで情報ソースを確保しよう
ネットで情報ソースを確保しよう
ネタを切らさない事!情報量が勝負!
次はこう言った情報の情報源=情報ソースを探して行きます。しかし、実際にアフィリエイトサイトを運営していくと、困った事が起きて来ます。

それは「書く事がなくなってくる」という事です。いわゆるネタ切れです。

アフィリエイトサイトで必要な情報量というのは膨大なものになります。

今ではアフィリエイトで稼いでいる人がノウハウを情報発信していますが、内容はそれぞれですが、情報量を多くすべきと言う点では一致しています。

人によっては、1000ページ、2000ページと言う数をノルマとして掲げている方もいます。それだけの量が必要という事です。

一方、人が持っている情報量のストックと言うものは、本人が考えている以上に少ないものです。

ネタ切れを防ぐには、常に新しい情報をインプットして、自分の知識のストックを増やしていくプロセスが必要になります。

この作業は収入源を生み出すアフィリエイトサイトを作り出す為には必要不可欠のものです。

本、雑誌、ネット、色々な媒体がありますが、そう言ったものをフル活用して、貴方にとって参考になる情報ソースを確保していく事です。

これが出来れば、貴方は苦労せずに、新しい情報をインプットする事が出来ますから、ネタが切れる心配をしなくて済みます。

*********

■ 情報ソースの媒体1

鮮度が命の情報はネットでゲット!

情報ソースのかたまりはネットです。サイト、メルマガ、ブログが主な情報源。いずれも無料で閲覧できます。それぞれの運営者が情報を更新してくれるので、、情報の鮮度は他の媒体を圧倒しています。

*********

■ 情報ソースの媒体2

本、雑誌からは色あせない情報をゲット!

本、雑誌などの印刷物は、情報の鮮度ではネットにかないませんが、情報の質や深みと言う点ではネット以上です。特に専門誌、専門書といったものは、時間が経過しても色あせない情報を取得できます。

**********

■ 情報ソースの媒体3

周りにいる達人達からの情報をゲット!

貴方が扱うテーマについて詳しいと言う人は、貴方にとって貴重な情報ソースです。貴方が知らない事を教えてもらえる可能性があります。その人が情報に敏感で、絶えず新しい情報と接している人であれば、貴方の変りに、情報をチェックしてくれるスタッフとも言えます。

現時点でいないという人も、必要な時期に必要な人と出会えるものです。アンテナだけは立てておいて下さい。

**********

■ 情報ソースの媒体4

セミナーなどで、リアルな情報をゲット!

貴方のテーマに関するセミナーや、同じ興味を持つ人が集まる場は専門家から貴重な情報を聞かせてもらえる機会です。

人脈を作る機会にもなりますので、こういった場所に顔を出すのも刺激となって、モチベーションアップに繋がります。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
どんな内容にするのか
どんな内容にするのか
書く内容のネタだしの情報集め
文章の書き方が分ったら、次にどんな内容の文章にするのか、中身を考えて行きましょう。いわゆるネタだしです。

アフィリエイトサイトを作るときに、ここで躓いてしまう人も少なくありません。何を書いていいのか分からなくなってしまうんですね。

ネタだしというのも、実はテクニックです。ネタのだし方を覚えておけば、いくらでも自由自在に内容を考えることが出来ます。

**********

■ ネタ出しの流れ

サイトにはどんな事を書いていけばいいのか?



情報ソースを集める(ある分野について文章を書こうとするならば、少しでも多くの情報を集める)



集めた情報をもとに、具体的にサイトに書く内容をまとめる

**********

■ サイトに掲載する必要な情報

■ 必要な情報:必須1(売る為の情報)

当たり前ですが、アフィリエイトで稼ぐ為には、何をおいても、商品・サービスに関する情報は掲載しなくてはなりません。ネット上では、「情報=宝」です。出し惜しみをしてはいけません。

商品情報を掲載する時に欠かせないのは、口コミ情報=使った人の体験談です。ここまで読まれた貴方は、口コミ情報と言うのが大きな武器になることは実感されていると思います。

では、口コミ情報をどうやって集めるのですか?

ネット上でユーザーの声を集めたい場合、商品名で検索エンジンで検索してみて下さい。検索は「商品名+感想」とか「商品名+体験談」と、何かキーワードを足して絞り込みます。

そこで表示される頁をチェックしていくと、実際にその商品を購入した人の感想に出くわすかも知れません。そのユーザーに直接連絡を取って、話を聞かせてもらえるように御願いしてみて下さい。

口コミ情報を集めるのは、最初の段階では、地味で面倒な作業ですが、それだけの価値はあります。

■ 必要な情報:必須2(サイトを売り込む為の情報)

好感の持てる、信頼感の溢れるサイトにする。

次に必要な事は貴方のサイトそのものを売り込む為の情報です。違う言い方をすれば、自分を売り込むと言う事です。

「このサイトは好感が持てる」「このサイトは信頼できる」と言うイメージを与える頁作りが大切です。

それでは、サイトの信頼力というのは何処で得るものなのでしょうか?

その答えになるのが、コンテンツです。貴方がダイエット商品を購入しようと、ネットで検索したら2つのサイトが出てきました。

一つはダイエット商品の紹介だけをしているサイト。もう一つはダイエット商品にプラスして、「効果的に痩せる方法」「ダイエットをする時の注意点」といった情報も掲載されているサイト。

貴方はどちらのサイトがより役立つと判断するでしょうか?

当然後者のはずです。より豊富な情報があるのですから、当然の結果です。

■ 必要な情報:必須3(パーソナリティを伝える情報)

ブログ、プロフィールで個性を売る

最後にお伝えするのが、貴方のパーソナリティが見えるような情報を掲載すると言う事です。運営者の顔がキチンと見えるサイトというのは人気が出やすいものです。

個人の色を出すには、日記を書いて公開する程度で充分です。サイト運営者の日記と言うのは案外人気があるものです。今だったらブログを活用するとすぐですね。

プロフィール頁も有効です。簡単な略歴や自分がサイトを立ち上げた理由、経緯などを記載しておくだけでも違います。

*********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/21
深層心理の探り方
深層心理の探り方
■ 商品を購入する本当の理由
ユーザーは自分のニーズ(=欲求)を叶えるために、商品・サービスを購入する。ここはご理解頂けると思います。ただし、購買活動を引き起こす本当のニーズはユーザー自身も気づいていないという事実をあなたはご存知でしょうか?

たとえば、洋服を買った女性に『なぜ、この洋服を買ったのですか?』と質問します。

返ってくる答えはほぼ間違いなく『カワイイから』、『好きな色だったから』というような感じになるはずです。こういった回答は商品の特性に焦点を当てていることに注意してください。

こんな声を聞くと、売り手としては『この洋服はカワイイから売れたんだ!』と考えがちです。そして、別のユーザーに売り込むときも『カワイイ洋服がありますよ』というような言い方をしてしまいます。

ここが要注意ポイントなのですが、本当にそのユーザーは洋服が『カワイイ』から購入したのでしょうか?

たとえば、その女性が無人島に住んでいたとして、高いお金を出してカワイイ洋服を買うでしょうか?

(是非、自分自身がそのユーザーの気持ちになって考えてみてください。)

周りに人がいなかったら、たとえば自宅に1人でいるときであれば服装など、それほど気にしないのではないでしょうか?

ここまで読んで、何かお気づきになった方はいるでしょうか?

そうです。『洋服が欲しい』と言っているユーザーというのは、洋服が欲しいというニーズを満たすために洋服を購入したのではなく、違うニーズを満たすために洋服を購入したというわけです。(本当に洋服が欲しいのであれば、無人島にいる時でも購入するはずです。)

では違うニーズというのは、何でしょうか?

それが深層的なニーズと呼ばれるものです。商品を手にすることで得られるメリットとも言えます。

先ほどの洋服でいえば、カワイイ洋服を着ることで、周りから『キレイだね』と言われたい、男性からモテタイ。こういったものです。これは「生活ニーズ」と呼ばれるものです。その商品を買うことによって実現したいと思う生活状況を示します。

さらにこの後には「人生ニーズ」があります。これは行為ニーズを掘り下げていくことによって明確になります。『キレイだね』と褒められることで自分に自信を持って生きられるようになりたいというふうに、自分がどんな人生を送りたいのかという内容になります。(究極的には幸せになりたいということですね。)

ユーザーが1つの商品を購入するときには、実は裏ではこんなステップを踏んでいます。

自分に自信を持ちたくて、そのためには周りから『キレイだね』と褒められたくて、そのためにはカワイイ洋服が欲しい。だから、この洋服を買う。こんな複雑な判断を下しています。

奥が深いですね。

**********

■ ユーザーは本当のニーズに気づかない

ここで先ほどの洋服の例をもう一度思い出してください。

『なぜ、あなたはこの洋服を購入する気になったのですか?』

こんなふうに聞かれたとき、ユーザーはたいてい本当の理由を口にしないものです。それはなぜでしょうか?本当の理由は他人に知られたくないと考えているのでしょうか?

そうではありません。単純に本人も気づいていないだけです。

カワイイ洋服が欲しいのは、周囲からきれいと言われたいから

ここまで意識して購入している人は殆どいません。購入するのはその洋服が気に入ったからと本気で考えているのです。

でも本当の原因は違うわけです。先ほど『生活ニーズ』、『人生ニーズ』を『深層ニーズ』というふうに表現しました。これは意識の奥深くにあるという意味です。

奥深くにあるから、自分でも普段は意識しないというわけです。

**********

■ 本当のニーズを気づかされたとき、人は購入する

自分でも意識していない本当のニーズに気づかされたとき、人はその商品を購入します。

洋服の例でいえば『キレイな洋服があります』ではなく『男の視線を引き付ける洋服』というふうに深層ニーズに訴える言い方をします。

この瞬間、男性にモテタイから洋服が欲しいと考えているユーザーは、自分の深層ニーズに気づかされることで、つい反応してしまいます。

(このプロセスもなかば無意識なので、ユーザーに反応した理由を聞くと、やっぱり『カワイイ服だったから』というような理由に落ちつきますが、実情はこういったものになります。)

商品を売るときには、『ユーザーに本当のニーズに訴える』というのが基本となります。それさえ出来れば一定の確率で必ず売れます。

**********

■ 深層ニーズを明らかにする分析手法

それではユーザーの深層ニーズはどのようにすればいいのでしょうか?

その手順をお伝えしていきます。

STEP1:ターゲットを決める

最初に商品を売り込むターゲットを決めます。これは非常に重要です。なぜなら、同じ商品でも人によって求める理由が違うからです。

たとえば車を欲しいというニーズがあるとします。例1では日常生活の足として車を使いたいという主婦のニーズを分析しています。この場合、『楽したい』、『快適な生活をしたい』というのが深層ニーズになるでしょう。

一方、例2では女の子をデートに誘うきっかけとして車が欲しいという若い男性のニーズを分析しています。この場合、『女の子にモテタイ』、『彼女がいる生活を楽しみたい』というのが深層ニーズにあたります。

このように同じ車でもターゲットによって深層ニーズ=本当にその商品が欲しい理由が違ってきます。売る側としては、当然その人に合った形で売り込まなければいけません。そこで最初にターゲットをしっかり決めることになります。

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。