アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-その他グーグルSEO対策
■ ページの第1行目には大きい文字でキーワードの入った語句・文章を配置する
グーグルだけでなく、他の最新型ロボット検索エンジンでも、ページの第1行目がそのページの中で最も大きく表示されている上位表示に貢献します。

極力、第1行目にはキーワードの入ったフレーズが文章を配置するようにしましょう。

■ ページ数を増やして空いたスペースはビジュアルエイドに。

ページ数を増やすには、新しくページを作るか、今あるページを、特に比較的情報量が多いページをいくつかのページに分割すると言う手法があります。

ただし、2000文字の現在のページを1ページ当り400ページにして、5ページに分割するとそれぞれのページの情報量が少なくなって、結果的に余白が多くなってしまい、デザイン的な見栄えが悪くなる事があります。

その場合に有効な方法は文字数はそのままにして、より読者に理解してもらえるように、文章の内容を図やイラストでビジュアルエイドを空いたスペースに入れていく方法です。

■ 商品詳細ページを追加すると売上アップに貢献する

ページを増やす事と売上を増やす事とは多くの場合、密接に連動しています。その連動とは、

・ ページを増やせば増やすほど、文字情報とサイト内のリンクが増えて、グーグルSEO対策上プラスになる。

・ 商品やサービスをいろいろな角度から分りやすく説明すると、ユーザーは貴方が売りたいものをしっかりと認識してくれて、しかも貴方の説明を能力を評価して、最終的に貴方のホームページから申し込むようになる。

と言う事です。

多くのネット販売初心者の人達は、ある間違いをしています。それはサイトで物やサービスを販売するのは、実際に街中にある店舗で販売するよりも簡単で費用がかからないと思い込んでいる事です。その為、多くの大企業、中小企業、個人がサイトを作った後に、「売上が伸びない」という悩みを抱えています。悩みを抱えたまま挫折してやめてしまう人すらいます。

小手先だけの、浅いSEO対策テクニックを使えば、一時的には検索順位が上がってひいては売上に貢献するかも知れませんが、最終的には情報をユーザーにしっかりと提供する事で、グーグルからも評価され、その結果、人からも評価されてあなたのサイトが長期的に成功する事になるのです。

■ サイトマップを作る

サイトマップは、貴方のサイトの中にあるページの一覧、リンク集のようなものです。

これがあると、グーグルのインデックスクローラーが貴方のサイトにやってきた時、サイトマップを見れば、そこからリンクされた全てのページをたどって各ページを隈なく読み込んでくれるようになり、グーグルSEO対策上プラスになります。

また、ユーザーが貴方のサイトを訪れた時、「何処に何があるのだろう」と迷う事も考えられます。グーグルのSEO対策上だけでなく、利便性の向上の為にも必ずサイトマップを用意しましょう。

■ 全商品の一覧を作る

商品名で検索する人は、その商品を既に知っているので、より商品の購買率が上がるはずです。商品名をキーワード化して利用する人も多いでしょう。その際、商品名のキーワードを散りばめるだけでなく、全商品の一覧を活用してみましょう。

全商品の一覧表のページを用意できれば、商品名でのキーワードで個別ページにリンクを大量に貼る事が出来、グーグルSEO対策上非常に効果があります。

■ 更新情報ページを追加する

更新情報ページとは、何月何日にどんなページを追加したのかを示すリストのページです。これを作れば貴方の商品ページ、サービスページ等へ、キーワードの入ったテキストで、更にリンク出来るようになります。

またリンクだけでなく、更新情報ページは頻繁に更新されるはずです。なのでグーグルのインデックスクローラーは、貴方のページが更新されるたびにより頻繁に見に来ることになります。

■ メールマガジンのバックナンバーはHTML化してリンクする

キーワードの入った文章を増やせば増やすほど、またそれぞれのページをキーワードが含まれたフレーズでリンクすればするほど、グーグルSEO対策上でプラスになりますが、中でも効果的なのは、

過去に書いたメールマガジンのバックナンバーをホームページ上に公開する

ことです。

せっかくのメールマガジンも書いておしまいと言うのはもったいないです。ホームページ上にバックナンバーとして、表示させましょう。

バックナンバーは最新のものしか表示しないというメルマガが多いので、発行したら自分のホームページで編集するという工夫が必要です。

*********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
スポンサーサイト
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-リンクを沢山貼る
ページ本文中に、他のページへのリンクを沢山貼る
貴方のサイト内のページとページの間にリンクを貼れば貼るほど、グーグルSEO対策上プラスになります。

それはグーグルの世界では、

あるページから他のページへのリンクを貼るということは、価値がある

と言えるからです。

グーグルは価値のあるページを上位表示するように作られています。本文中に、他のページへのリンクを積極的に貼りましょう。

沢山のページとページをキーワードで繋ぐ

リンクを貼る時になるべくリンクのテキスト、つまりアンカーテキストにはキーワードを含めるようにしましょう。

全ページの左側にメニューを置く

沢山のページとページをキーワードの含まれたテキストで繋ぐのに有効な手段として考えられるもう一つのスタイルは、全ページの左側にメニューを設置するものです。

このようなサイトレイアウトのスタイルは5~6年前から世界的にも普及したので標準的なものです。ですので、ユーザビリティの向上の為にもお薦めです。

全ページにある共通エリアを一括管理する

全ページの下や左にメニューを設置すると、ページ数が少ない時は更新作業も簡単です。しかし、ページ数が増えてくると、それらのメニューを修正/追加しようとした場合、全ページを開いて一つ一つ修正/追加しなければならなくなり、管理が難しくなってしまいます。

そのような時に便利な機能が、全ページの共通の部分を指定して一括管理できるライブラリー設定です。

この機能があるホームページ作成ソフトはMacromedia,InkのDreamweaverです。



商品紹介頁には、他の関連商品へもリンクを貼る

特定の商品ページやサービス案内ページを作るときは、その商品の案内だけでなく、ページの下には関連商品、サービスへのリンクを貼ると、グーグルSEO対策上、キーワードが含まれるリンクが増えてプラスになります。テキストがベストですが、画像でリンクするときは必ず代替テキストを入れるようにして下さい。
**********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-メタタグに依存しない
メタタグと言うのはブラウザで見たときは人間の目では見えないもので、グーグルに向けてのメッセージ欄のようなものです。
これがあればページの表面上に無い言葉であっても、グーグルにだけはこっそりとそのページの内容を、キーワードや紹介文で伝える事が出来るという便利なタグです。

メタタグの問題点・・・その①

まず1つ目の問題点は、メタタグと言う機能を知っていて、利用している人達のページばかりが検索エンジン対策上で有利になってしまった事です。

メタタグを聞いた事が無い人や知っていてもその重要性を知らない人達の検索結果の順位が、それを知っていて活用している人達より悪くなってしまいました。

知らないとか面倒だから活用しないと言うのは自業自得と言ってしまえばそれまでですが、インターネットの世界はと言うものは世界中のいろいろな価値観を持っている人たちとって平等であるべきです。

メタタグの問題点・・・その②

2つ目の問題は、メタタグを乱用する人が大勢出てきたと言う事です。彼等は実際にはページの内容とは全く関係ない言葉を次々にメタタグに入れて、ロボット検索エンジンを騙す事で、作為的に自分達のページを次々と上位表示する事に成功しました。

しかし、その結果、一般ユーザーにとっては望ましくないページばかりが上位表示されてしまうロボット検索エンジンばかりが主流になってしまい、ユーザーは徐々にそれらのロボット検索エンジンの利用を止め、ある優秀なロボット検索エンジンを使うようになりました。

その優秀なロボット検索エンジンとはもちろんグーグルの事です。

グーグルは最初からメタタグの弱点を考慮して、メタタグの中の情報を重要だと認識しないようにしたのです。メタタグは単なる本文の補足程度にしか認識しなかったのです。グーグルは、メタキーワードを無視します。ただし、メタディスクリプションは認識しますので、それはページ内に入れておいてもいいでしょう。



**********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-第三者からリンクしてもらう方法
どうすれば人は自分のサイトにリンクしてくれるのか?
第三者からキーワードの入ったフレーズでリンクしてもらう事が最もグーグル対策上効果があるとしても、一体どうすれば他人が貴方のページにリンクしてくれるのでしょうか?

これがグーグル対策上で最も重要な課題です。

このサイトでも述べてきましたが、これまで様々な書籍やセミナー、そしてネット上でSEO対策が語られてきましたが、他人からリンクを貼ってもらうためにはどうしたらよいのかについて、どのSEO対策本でも徹底して解説しているところは見当たりません。

だからこそ、「これまで公開されてきたSEO対策ノウハウは、何処か肝心なところで寸止めされている、最も重要な部分が隠してきた(シークレット化してきた)のではないか?」と言う人が多いのではないでしょうか?

このサイトでは、そうしたシークレットな部分にフォーカスした内容を掲載して行きますので安心して下さい。

**********

サイトを構成する各ページのファイル形式はインターネットが普及した当時より伝統的に、

① HTMLファイル・・・文字を含む事が出来るファイル形式

② GIF画像ファイル・・・色数が少ない画像専用のファイル形式

③ JPG画像ファイル・・・写真など色数が多い画像専用のファイル形式

が、基本の3大ファイル形式です。

この3つがあればほとんどのサイトはしっかりと作れてしまいます。

グーグルSEO対策上重要な事は、グーグルが認識できるテキスト、つまり文字を含む事が出来るHTMLのページを増やす事です。

HTMLファイルと言うのは、拡張子が「.html」、「.htm」のいずれか2種類です。良く私達がサイトを見るときに最も見かけるタイプです。

極力手作りのページ、HTMLページを増やす努力をして下さい。

*********
アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-サイト名にキーワードを入れる
それは、貴方がもし「ダイエット食品」という言葉でグーグル検索結果1位になりたかったら、貴方のサイトのタイトルは、
・ (株)鈴木商店

ではなく、「ダイエット食品」というキーワードの入った

・ ダイエット食品広場

・ ダイエット食品お探し隊

のように社名とは別のものにした方が良いという事を意味します。

ただし、多くのサイトの場合、現在のサイトタイトルを社名から全く別のサイト名に変更すると顧客が混乱するなどの弊害が生じる恐れもあります。

どうしてもサイト名を社名から他のものに変更が出来ない方は、「ダイエット食品の鈴木商店」と言うようにキャッチフレーズのような形式に変更すると良いでしょう。

ただし、例外としてサイトタイトルの扱いに厳しいヤフーだけは、そうしたキャッチフレーズ型のサイトタイトルはほとんど認めてくれないので、注意して下さい。

現実的に今のサイトタイトルを変更出来ない方は、別にサイトを作成して、そのサイトには目標キーワードが含まれることを徹底してみて下さい。そしてサイト名には、キーワードをズバリ含めるようにしましょう。

キーワードをサイト名そのものに組み込めば、第三者からリンクされる時、そのキーワードでリンクされるようになり、グーグルSEO対策上で劇的な効果が発揮されます。

また、サイトタイトルは「売り売り」にしない事が重要です。

ここで言う売り売りというのは、売る目的だけのサイトを言います。サイトに目標キーワードを含める方がグーグルSEO対策上有利だと述べましたが、気を付けなければならない事は、

① 「このサイト名であれば役に立ちそうだな」

② 「情報が沢山あって便利そうだな」

と顧客に連想させるキーワードにする事です。この様な雰囲気作りが大切です。

■ 雰囲気作りが必要なわけ・・・その①

まず、サイト名が売り売りだと他人から紹介されにくいと言う事があります。自分のサイトのリンク集に、「売り売りのサイトのリンクを貼りたい」と思う人は少ないでしょう。しかし、役立ちそうなタイトルのサイトには、「リンクを貼って紹介したい」という心理が働きます。

次でも触れますが、グーグルSEO対策上で最も重要な事は、他人のサイトからのリンクを増やす事です。ですので、他人がリンクを貼りたくなるように自分のサイトを工夫するのはとても重要な事です。

■ 雰囲気作りが必要なわけ・・・その②

もう一つは、検索画面に表示された時、ユーザーがサイト名を見て、「役に立ちそうな感じがする」と判断した時、どのような行動を起こすでしょうか?結果は一目瞭然です。ユーザーは、役に立ちそうだからクリックしてくれるでしょう。ユーザーからクリックされなければ、いくら検索エンジンで上位表示しても検索エンジンからは人は来ないでしょう。 

もう一度言います。どんなに検索結果で上位に表示されても、実際にクリックして貴方のサイトをユーザーが見てくれなければ、上位表示しても意味はありません。



■ タイトルタグにはキーワードを必ず入れる

Yahoo編でも述べましたが、各ページの一番上にブラウザで表示されるタイトルタグの部分はグーグルが最初に認識する部分です。グーグルがページ内容を把握する上で、最初でしかも、最も重要な手がかりになります。

ですので、見込み客が検索エンジンで入力すると思われるキーワードを含めたフレーズまたは文章にして下さい。

文字数についてよく質問されますが、20文字未満が理想的です。しかし、沢山のキーワードで検索エンジン上位表示を狙う場合には、沢山キーワードを入れる必要があるので、40文字くらいまで入れても大丈夫です。

*********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-アンカーテキスト
アンカーテキストにキーワードをどんどん入れる
アンカーテキストは別名「テキストリンク」と呼ばれています。クリックすると他のページにジャンプする下線入りのテキストです。

先に、トップページからその他のページにはリンクは沢山貼った方が良いと解説しましたが、ただリンクをするだけではなく、なるべくリンク先のページの内容を前以て予測できるキーワードの入った語句でリンクを貼るようにして下さい。

よく、「ここをクリック!」というリンクの貼り方を見かけますが、ロボット検索エンジンは、

クリックした時にジャンプするリンク先の内容が「ここをクリック!」

と文字通りに認識します。

一方、「ターゲット広告についての詳細はこちら!」というリンクの貼り方をすると、グーグルは、

リンクの部分をクリックしてジャンプするページの内容は「ターゲット広告についての詳細」だ

と理解してくれます。

その結果、「ターゲット広告」という言葉でグーグルを検索すると、リンクされたリンク先のページが上位表示されやすくなります。

全てのメニューの項目に同じ言葉を入れると逆効果ですが、メニューの項目の多くがこうしたキーワードを入れることでグーグル対策上で抜群の効果が出ますので試してみて下さい。

第三者からもキーワードの入った言葉でリンクしてもらう事は重要です。

「トップページから他のページにリンクを貼る時、キーワードの入ったフレーズでリンクをするとグーグルの検索結果が上がる」と言う現象は、貴方のページが他人のサイトからリンクされるときも当てはまります。

他人のサイトから貴方のトップページがキーワードでリンクされると、グーグルはリンクされた貴方のページを上位表示するようになります。



■ 画像には代替テキストを必ず入れる

グーグルはテキストのリンクだけでなく、JPG、GIF、PNGなど画像のリンクも認識してくれます。

ただし、グーグルSEO対策上で効果を出すためには、画像をリンクするだけではなく、必ず代替テキストを入れるようにして下さい。グーグルは画像そのものは読み込みません。

グーグルがページ内容を理解出来るのは、今のところ、テキスト部分だけです。ですので、画像の内容をテキストでグーグルに教えてあげる必要があるのです。



**********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-トップページの形式
Googleのインデックスクローラーが最初に見るのはほとんどの場合、トップページだと述べました。
しかし、トップページに文字が沢山あったとしても、そのページから他のページへのリンクが少ない場合、インデックスクローラーは貴方のサイト全体をくまなく見てくれない場合があります。インデックスクローラー自体がまだ完璧なプログラムではないのです。

全てのページをインデックスクローラーにしっかりと見てもらうために最も有効な手法が、トップページのデザインです。トップページのデザインは、リンク先をメニュー形式にして主要なコーナーへのリンクをしっかりと貼れば、インデックスクローラーがリンク先のページへ行って内容(テキスト)を見てくれる確立は高くなります。

昔からヤフーのトップページは、主としてテキストのリンクや画像のリンクで主要コーナーにリンクしています。ヤフーがこのようなトップページの作りにしているのは、一般的なGoogle対策の為だけではなく、おそらく人間にとっても、こうしたメニュー型のトップページの方が分りやすく、使い安いからかもしれません。

不思議なことですが、多くの場合、Googleのようなロボット検索エンジン対策を施すと、人間にとっても分りやすく、見たいコンテンツのあるページに簡単に行ける便利なページになる事がよくあります。

ヤフーというサイトは私達にいろいろな事を教えてくれるサイトです。大いに参考にして下さい。



**********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-インデックスクローラー
Googleが貴方のページ情報を取り込むプログラムの事を専門用語ではインデックスクローラーと言います。
インデックスクローラーは次の2つをキッカケにして、貴方のページを訪れ、情報を収集して去って行きます。

① 検索エンジン登録画面で登録申請をする

   http://www.google.co.jp/addurl/

② 第三者のサイトに貴方のページのリンクが貼ってあれば、そのリンクをたどって貴方のページ来て、貴方のページを勝手に検索エンジンに登録する

の二つです。

②の「第三者のサイトに貴方のページへのリンクが貼ってあれば・・・」ですが、貴方のサイト全体で言えば、通常第三者はどのページにリンクを貼るのでしょうか?

通常はトップページ(表紙のページでファイル名は通常「index.html」)へのリンクを貼ります。商品ページにいきなりリンクしたり、会社概要のページにリンクをしたりする人は少ないのです。

このため、インデックスクローラーが貴方のサイトにやって来る場合、そのほとんどがトップページからやって来るという傾向になるのです。

せっかく貴方のサイトのトップページに、インデックスクローラーが来てくれても、トップページに文字が少ない場合、Googleは貴方のサイトは「何についてのものなのか」をよく理解してくれないことになります。ここで言える事は、

貴方がトップページを作る時は、画像ばかりではなく必ず文字も出来るだけ多く入れて、Googleが理解できるように徹底する必要がある

と言う事です。

それでは、画像はどうなのでしょうか?Googleは画像をただ貼り付けただけでは認識してくれません。完全に無視します。しかし、画像に代替テキストまたはalt属性と呼ばれるものを入れれば理解してくれます。

その場合の注意点としては以下の2点が挙げられます。

① 文字を入れすぎない

くどくどと何十文字も入れると「検索エンジン対策を施しすぎた見苦しい」だとGoogleに判断されてしまう可能性があります。どんなに多くても20文字以内にするのが目安です。

② 何らかのキーワードを必ず含めるようにする

代替テキストなどに検索エンジン対策として、キーワードを記述すると効果的です。この時キーワードの羅列にならないようにする事はもちろん大切です。

*********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-SEOツールとアナログツール
事実に基づいた科学的に儲かるキーワードを見つけるための2種類ツールがあります。1つ目のツールはSEOツール、2つ目はアナログツールです。

■ SEOツール

「SEOツール」とはネット上で公開されている、誰でも無料で使えるものです。その中でSEO対策に使えるツールをご紹介します。

1. 「Overture」キーワードアドバイスツール

http://inventory.jp.overture.com/d/
searchinventory/suggestion/

Overtureの提携サイトで実際に検索されたキーワードと検索数(前月)が表示されます。

2. Googleアドワーズ広告キーワードツール

https://adwords.google.co.jp/
select/KeywordToolExternal
入力したキーワードの他にどんなキーワードが考えられるかを提案するソフトです。その他類似キーワードも提案してくれますが、数値的な情報はありません。

3. サイト専用全文検索エンジン「Co.Co.Da.e-Xpress」

http://www.netsystems.co.jp/Co.Co.Da_eXpress.html
自分のサイトの全てのHTMLページを範囲としてサイト内検索をするソフトです。設置は無料で、しかも「ユーザーがどんなキーワードで検索したのか」についてキーワードの多い順が分るログを無料で提供してくれます。

4. 「futomi.com」高機能アクセス解析CGI

http://www.futomi.com/library/acc.html
業界標準と言っていいほど、もっとも広く使われているお薦めのシェアウエアです。



■ アナログツールとは

インターネットで入手できるSEOツールは非常に便利です。しかし、こういったSEOツールはライバルも使っているはずで、どんなSEOツールも完璧な信頼性はなく、あくまで参考程度に考えておくと良いでしょう。

SEO対策は、多くのライバルとの競争であり、言い換えれば情報戦争です。ライバルが使っている、または使っていると思われるものは使って当たり前ですが、それだけでは相手と同等の戦力なので、勝てる保証はありません。さらに、練った対策を行う必要があります。

その対策に有効なのはアナログツールです。アナログツールとは見込み客が読みそうな紙媒体、例えば、

・ 電話帳 雑誌 新聞広告 新聞折込チラシ

のことです。



■ お問い合わせメール(質問や商品リクエスト、苦情)

顧客がこれまで寄せてくれたメールを読み返して下さい。沢山のキーワードが見付かるはずです。

**********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-ページランクは数ヶ月おきに見直される
グーグルのページランク対策で一番難しいところは
ページランクは頻繁に更新されない

という点です。

グーグルでは2,3ヶ月に1度、全てのページのページランクが変動をするということが確認されています。つまり次のことが言えます。

・ サイトの運営を怠りがちなサイトはページランクが下がる=ページの質/信頼性が下がっているので、リンク数も減っている

・ 日々の更新の努力などを積み重ねているサイトランクが上がる=ページの質/信頼性が上がっているので人気が高まり、より多くの人がリンクをしている

サイト運営者にとって努力を評価する期間が、2~3ヶ月のサイクルで行われることで、サイト運営者に自サイトへの意識、つまりページランクへの意識を持たせ、ひいては、各サイトの質/信頼性を上げる効果につながっていると感じます。

■ 結局どんなサイトがページランクが高くなるか

ページランクが「1」でも「2」でも「4」でも「5」でもページランクが付いているページからリンクしてもらうことです。

ページランクに関わらず、他のサイトから自サイトにリンクしてもらうことは、とても大きな宣伝効果になります。リンクがリンクを呼び込み、芋づる式にリンクの輪が広がる事も珍しくありません。

その際に気を付けることは先述したように、ページランクは見直しが行われる為、ドミノ式でそのページランクはそれぞれに影響を及ぼすという事です。

リンク先を増やすという点で考えれば、自サイトへのリンクを受けた後、そのリンク先の更新状況もチェックしておくべきです。

**********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。