アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-目標キーワードの設定方法
グーグルとは違うYSTの事実
まず最初に分ったのは、

グーグル対策のように外部サイト、つまり別のドメインから沢山リンクを貼って見ても、YSTでは上位に表示されない

というショッキングな事実でした。

注意点

ここでの注意点は次の二つです。

まず一つ目は、「ビックキーワード」での上位表示はほとんどの場合すぐには実現できません。しかし、焦らずに、「6ヶ月以内、一年以内くらいのスパンで実現できる」と思う事、そして、「ここで解説するテクニックを実践する」ことです。

二つ目は、「スモールキーワード」は実際に貴方の見込み客が入力しそうなキーワードを予測して、比較的短期間でいくつもの「スモールキーワード」で上位表示を達成する事を目標にする事です。

■ 理想的なキーワード出現頻度は本当に5%なのか?

次にYST対策としての方法を探る為にした事は、よく巷で言われるようにトップページの中にある目標キーワードの数を全体の5%前後にする事でした。しかし、実際に試してみると、数週間たっても順位に影響はありませんでした。

考えてみれば、上位表示したいページの中に目標キーワードを5%前後にした方が良いかどうかという事は良く聞かれることですが、「5%前後にした方が良い」と言うのはあくまで目安で、「5%にしたから上位表示できる」と言う保証は一切無いのです。

① キーワードは上位表示させたいページの中でもっとも多い言葉にする!

そこで「特定のキーワードで上位表示されているサイトのページの中身を調べる」と言うもっとも単純で基本的なことを試してみました。それを行う際に使ったソフトは、メニューの中にある「キーワード出現頻度解析」と言う無料ツールです。

上位3位までの検証結果、検索キーワードはそれぞれのページの中で一番出現頻度が高いと言う事です。

② ライバルのページよりも順位の高いページを調べて、それを上回る目標キーワードをホームページに入れる

ただ、もう一点だけ提案したのが、ライバルのページよりも上位に表示されている目標キーワードの出現頻度を調べて、彼等よりキーワードが出現する頻度を増やしてもらう事ことでした。

③ 目標キーワードを増やす時には他の単語とバランスをとる

注意点として、先ず一つは、ページ全体の単語を増やさないで目標キーワードだけを増やしてしまうと、書きすぎになり、逆に順位が下がってしまうリスクがあるということです。

二つ目は、ページの中に同じ単語が多く書かれすぎていると、ユーザーにとっては見苦しいページになってしまい、悪い印象を与えます。ですので、目標キーワードを増やす場合は、同時に他の単語も増やしてバランスをとるようにして下さい。



ポイント

① ツールを使って、目標キーワードを洗い出し、ライバルより一つだけ多くキーワードを入れる。

② キーワードはバランスの取れた数を入れる。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。