アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-タイトルタグの冒頭から重要キーワードを順番に入れる
タイトルタグの冒頭から重要キーワードを順番に入れる
次に最も効果のあったのは、タイトルタグに余計な事は書かずに重要なキーワードの順番に記述するというものです。
タイトルタグについての詳細はGoogle編で詳しく説明しますが、タイトルタグとは、ブラウザで貴方のページを見たときに一番上に表示される、そのページのタイトルを記述する部分です。



メタタグは2種類用意し、ページごとに異なったものを使用する

メタタグと言うのは画面で直接見えないのに、YSTなどのロボット検索エンジンだけが認識してくれる隠し文字のような部分です。つまり、YSTに対して貴方のページが「****についてだとアピールできる部分です。





上記のように、「META name="keywords"」というメタキーワードと「META name="description"」というメタディスクリプションがあります。

グーグルはメタタグをあまり重要視しない設計になっているので、メタデスクリプションだけを参照します。しかし、気をつけなければならないのは、「YSTはその両方を重要情報として見る」と言う事実です。

しかもヤフーのサイト関連の技術情報ページを読むと、

・ ページごとに異なったメタタグを記述すべき

・ 真実を書くように

などというアドバイスが載っています。ページの本文中に書いていない言葉ばかりをメタタグに書きすぎると、ペナルティが与えられて検索順位が下がるリスクがありますので、気を付けて下さい。

また、一つの目安として、メタタグとするキーワードはどんなに多くても20個以下にする事、同じ単語を繰り返さない事、そしてメタデスクリプションは多くても50文字以下にすることを実践しています。

第1行目、第2行目などページの上部にキーワードを使用する

YSTが最も重要視する箇所は、本文中では一番上の部分、第1行目、第2行目のあたりです。その部分にキーワードを意識的に入れて下さい。できればトップページだけでなく、全てのページで徹底して下さい。

また、キーワードを入れるだけではなく、なるべく大きな文字で表現するようにして下さい。YSTも第1行目、第2行目の目立った部分にキーワードがあり、なおかつ最も大きな文字で書いてあるなら、

・ そこに含まれる言葉は重要なのではないのか?

・ そのページの趣旨なのではないのか?

と認識してくれるようになります。

*********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。