アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-全ページにビックキーワードを入れる工夫
サイトの中にある全てのページで、第一目標キーワードである競争率の高いキーワードを本文中のいたるところに入れる工夫をして下さい。
そうする事によってYSTは、「貴方のサイトはそのキーワードのについてのものだ」としっかりと認識してくれるようになり、結果として上位表示をしてくれるようになります。

全ページのどこかに第一目標キーワードであるビックキーワードを入れる工夫をお薦めしています。

なおかつ、全ページのタイトルタグの中にもどこかに必ず第一目標のキーワードを入れるようにして下さい。

写真や画像の下に解説を入れる

キーワードを貴方のページのなかでむやみやたらと増やすと、それを見た貴方の見込み客たちは奇妙な印象を残す恐れがあります。それを避けるために、見た目のよさを保ちながら自然にキーワードを散りばめる工夫をする必要があります。

その様な時にお薦めなのが、「ページの画像の下にそれについてのキーワードが含まれた解説を入れる」というキャプションの使用です。

テキストリンク等の下、周辺に導入の文章を入れる

「画像の下にキーワードの含まれたキャプションを入れると良い」と前述しましたが、画像だけでなく、ページ中にテキストリンクがある場合も、その下や周辺にキーワードが入った文章を入れてみたりしていくと、どんどんキーワードが散りばめられてゆきますので試してみて下さい。

大見出し/中見出し/小見出し/にキーワードを入れる

YST対策上、ページ内やサイト全体にキーワードが多ければ多いほど上位表示がされやすくなりますが、むやみやたらと入れてもユーザーにとっては見難いページとなり、本来の目的であるメッセージを伝えると言う重要な目的を失う事になります。

そのような制限の中でも、キーワードを効率的にちりばめる方法として、大見出し/中見出し/小見出し/にキーワードを散りばめるという手法が有効だと言う事が分ってきました。

一般的に文書は、一番上に大見出しがあり、その下の2つ目の階層には中見出し、そして3つ目の階層に小見出しから構成されています。このような階層構造が米国の文章構造です。

インターネットは、米国で生まれ世界中に普及しました。その米国で生まれたグーグルやYSTなどの検索エンジンは、米国の文書構造に基づいてサイトのページを解析しています。

ですので、貴方がYSTにしっかりと、ページの大意について理解してもらう為には、この3階層構造に基づいてページを作る必要があります。

YST対策上、そのほかの注意点としては、

① サイト内リンクはタグを使ってなるべくテキストかGIF、JPG、PNG画像で行う

② CGI、PHP等のダイナミックページは避ける

③ フレームは避ける

等がありますが、これらはGoogle対策とも共通しているのでGoogle編を参照して下さい。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。