アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/21
基本中の基本となる土台を固める
基本中の基本となる土台を固める
お金を生み出す文章の書き方(基本編)
これから、売れる文章を書くテクニックをご紹介していくのですが、その前に基本中の基本=テクニックの土台となることについて解説します。

土台ががたがたであれば、どんなに外見が立派な建物を建てても意味がありません。文章も全く一緒です。

基礎力がなければ、どんなテクニックも使いこなす事は出来ません。

まずは基本をしっかり頭に入れて下さい。

**********

■ お金を生み出す、文章の書き方(基本編)

ここだけは押さえておきたい4つのポイント。

(1)売り込みはしない

(2)自分の経験を土台に書く

(3)「何故?」の問いに答えられることを意識して書く

(4)子供でも分るような言葉で書く

**********

■ お金を生む文章:ポイント1(売り込みはしない)

貴方はセールスマンからモノを売り込まれる事は好きですか?

こんな質問をされれば、ほとんどの人が嫌いと答えるはずです。

セールスはユーザーにとって、目障りなものです。セールスは嫌い。これはみんな一緒です。

それなのに、売る立場になった瞬間すっかり忘れてしまう人がいます。アフィリエイターも一緒です。自分自身のサイトをチェックしてみて下さい。

押し売りは駄目!

「絶対買うべきです!!」「買わないと損をします!!」

アフィリエイト商品を紹介する時、一番良い方法はその商品の良さを正直に、かつ誠実に伝えることです。「売り込む」のではなく「伝える」のです。

事実をそのまま客観的に伝える。つまり、文字通り紹介文という事です。まず、これが大切です。

**********

■ お金を生む文章:ポイント2(自分自身の経験を土台にして書く)

紹介文の中でも、読むだけでついその商品を買いたくなってしまうぐらいの説得力があるものもあれば、ちっとも心に響かないものもあります。

両者の違いはなんなのでしょうか?

**********

■ お金を生む文章:ポイント3(自分自身の経験に基づいて書くこと。熱意を持って書くこと)

これって簡単に言えば、自分が本気でいいと思えるものを紹介すると言う事です。

使ってもいないのに、本気でいいと思える事はありません。もちろん、熱意を持てることもありませんから、実際に自分で使ってみる。そして、いいものだなと実感を出来たものを紹介する。

商品の隅から隅までチェックし、良い点も悪い点も把握する。そして、紹介文の中では、商品の概要を説明する時にも、長所と短所をキチンと明記する。これが大切です。

**********

■ お金を生む文章:ポイント4(「何故?」という問いに対して答える事を意識して書く)

文章を書く時には、キャッチコピー、タイトルと一緒で、相手にもたらすメリットについて書くのが基本となります。

常に「何故?」と言う風な問いに答える事を意識して書いていると、いい文章が書けます。

**********

■ お金を生む文章:ポイント5(子供でも分るような言葉で書く)

どんなに内容が良くても、読みにくい文章と言うのは、まかなか読んでもらえません。特にパソコン上においては、「読む」という行為は想像以上に疲れます。

小学生でも理解出来るような簡単な文章にしましょう。12歳の子供でも分るような文章がベスト、と言う人もいます。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。