アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/24
鉄則40:ランキングサイトに参加して上位表示を狙え!
鉄則40:ランキングサイトに参加して上位表示を狙え!
ある程度完成したら早い段階でアクセスアップが出来る
アクセスランキングとはHP、ブログに来たお客様が何処のリンクを経由して来たかを調べ、アクセス数が多い順にランク付けするツールの事です。

そのランキングをメインのコンテンツにしているHP、ブログをランキングサイトといいます。

リンク集と違って自サイトのリンク位置が変動しますから、より上位に表示されれば、アクセスアップもそれだけ期待できます。

また、ランキングサイトは一度登録してしてしまえば、その後基本的に時間や手間がかからないというメリットもあります。

ある程度完成したら早速取り組んで見て下さい。

「WEB RANKING」なら、ジャンルごとに今最も人気のあるサイトが分る。

■ ランキングサイトを上手に利用する

1. 出来るだけ多くのランキングサイトに登録しよう

参加するランキングサイトは多ければ多いほど良いのですが、時間に限りがある場合はせめて5~10程度は参加するようにして下さい。

その際、よりアクセスを返してくれる優良ランキングサイトは何処かを見極める必要があります。これはアクセスアップに成功しているサイトと同じところに参加すればOKです。

2. 登録する時に、ジャンルを選択する2つの基準

ランキングサイトに登録する時、貴方のHP、ブログをどのジャンルのランキングに参加するか決めなければならないところが多いです。

通常、自サイトの内容と合致するジャンルに登録するのですが、そこに登録されているライバルサイトが多すぎる場合、上位に表示されない可能性があります。

他のサイトがあまり登録していないジャンルを選択して上位にランキングさせた方が、結果としてアクセス数が多くなる傾向があります。

3. WEBマスターに協力してもらう

他のサイトを訪問して、そのサイトのランキングバナーをクリックし、その事を掲示板等で報告しておくと、その管理人もお返しのランキングバナークロックをしてくれる傾向があります。他のサイトとの交流が深まれば情報交換も出来ますし、その掲示板に自サイトのリンクが貼れるならこれもSEO対策になります。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則39:宣伝メルマガ一括登録サイトを利用しよう
鉄則39:宣伝メルマガ一括登録サイトを利用しよう
多くのメルマガで紹介してもらえるので、アクセスアップが期待出来る
HP宣伝メルマガとは、HP・ブログを宣伝してくれるメルマガの事で、読者に対してはメルマガ発行者のお薦めサイトとして紹介されます。なかには発行部数が数万を超えるものもあり、紹介されたときの反応も馬鹿に出来ません。

しかし、宣伝メルマガは無料のものだけでも、数百くらいあるので、一つ一つ登録していくと大変な時間と手間がかかります。そこで、宣伝メルマガ一括登録サイトを利用しましょう。

一通りHP、ブログ情報を入力するだけで多くのメルマガに登録する事が出来ます。

登録されている全てのメルマガの購読者数を合わせると、100万人を超えるという事なので、短期間ながら、爆発的なアクセス数が期待できます。

「アクセスプラス」はHPのアクセスアップ・販売促進を支援する、広告宣伝サービスを提供するメルマガ一括登録サイト。

1. 専用メールアドレスは必需品

宣伝メルマガの場合、宣伝してもらう代わりに、そのメルマガの購読が条件になっているので、大量のメールが配信される可能性があるので、専用のメールアドレスで登録することにして、そのメールアドレスはメルマガ専用として捨てアドレスとします。

あらかじめフリーメールなどで、宣伝メルマガ登録用にメールアドレスを確保しておくと良いでしょう。

2. 期間をしっかりチェックしよう

一度紹介してもらうと次回は1ヵ月後、長いところで半年は紹介しないというシステムになっています。この決まりを守らないと、二度と紹介してくれないという厳しい処置をとっているところがあります。

前回登録した日はちゃんとチェックしておいて、期間は充分あけるべきでしょう。

3. 他のHP、ブログに埋もれてしまわないように工夫をする

宣伝メルマガは1回の発行につき、複数のHP、ブログを紹介しているメルマガが多いので、他のサイトに埋もれてしまわないように工夫をする必要があります。■◇■、!?などの記号や刺激的な内容、役に立ちそうな内容をタイトルや紹介分に入れて、少しでも目立つように努力しましょう。

4. 有料の宣伝メルマガを活用する

有料の宣伝メルマガというのはオプトインメール等と呼ばれるものですが、資金に余裕があるならこうしたものを利用するのも有効です。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則38:バナーエクスチェンジは相乗効果をもたらす
鉄則38:バナーエクスチェンジは相乗効果をもたらす
アクセスアップ効果は低いが、もとは取れる
バナーエクスチェンジとは、登録されたHP、ブログのバナーをランダムで表示しあうシステムの事です。他サイトのバナーを自分のHP、ブログに表示すると、その回数分だけよそのHP、ブログで自サイトのバナーが表示されます。

自サイトと表示されたサイトの趣向性が全く違う可能性もある上に、表示されても訪問してくれる可能性は低いので、直接的にはあまり効果はありません。

しかし、バナーエクスチェンジは一度登録してしまえば、それ以降は何の手間もかからないと言う強みがあります。アクセスアップは膨大な繰り返しが必要な作業だけに、費用対効果はむしろプラスと言えるでしょう。

■ バナーエクスチェンジを効果的に活用する

1. なるべく多くのバナーエクスチェンジに参加しよう

アクセスアップとしては、爆発的な効果が期待出来なくても、表示されるだけでアクセス数を増やせるバナーエクスチェンジは、特に「参加する事に意義がある」という言葉がピッタリです。

どのサービスに参加しようかと悩む必要はありません。SEO的にも効果がありますから、見つけたらなるべく多くのバナーエクスチェンジに参加して下さい。

2. アクセス数が大幅に増える前に登録して行きがけの駄賃を手に入れよう

懸賞を実施したり、サイト宣伝メルマガやマスメディアなどで紹介されると、一時的にでも爆発的なアクセス数が伸びるような時は、バナーエクスチェンジに行きがけの駄賃的アクセス数を稼いで下さい。相乗効果があります。特にお金をかけてアクセスアップをするときは少しでも元が取れるように努力しましょう。

3. 全ページの最下層にインラインフレームを貼り付けて表示させよう

基本的にバナーエクスチェンジのバナーは表示されればそれだけアクセスアップに繋がりますから、全ページに貼り付けたほうが断然効果的です。

しかし、新しいバナーエクスチェンジに参加する度に全ページに貼り付けていたのでは、時間がかかって仕方ありません。そこで、ページの最下層にインラインフレームを設けて、元のページから表示させれば膨大な時間を節約できます。

4. 紹介制度を利用する

バナーエクスチェンジは、他サイトに紹介する事によってボーナス的に自サイトのバナーを表示してくれるところが多いです。沢山紹介すると結構馬鹿にならないアクセスアップになります。積極的に利用しましょう。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則37:SEOを制する者はアクセスアップを制する その④
鉄則37:SEOを制する者はアクセスアップを制する その④
SEOスパムに対するペナルティとその対策
SEOスパムとは、サーチエンジンのアルゴリズムを逆手にとって、上位表示をさせるテクニックの総称です。

こうした技術の横行を許してしまうと、中身等関係なく、上位表示されてしまうので、利用者としては使いづらくなってしまいます。

もちろんサーチエンジン管理者としても常にこういったテクニックを排除しようとしています。実際にGoogleの「WEBマスターのためのガイドラインSEO スパムに関して」では、ページランクを下げたり、検索結果に反映されないようにするなど、ペナルティを課すとはっきり記述されています。

ほとんどのSEO指南書や指南サイトでは、こうした反則行為を厳しく禁じています。

■ 何がスパムかを判断するのは難しい

ところが各サーチエンジンのスパムの定義は常に変化しているので、現時点でスパムじゃないものが将来スパムと定義されてしまう可能性もありますし、一方、かつてスパムだったものがスパムではなくなるということもあります。

また、上位表示させるためのテクニックをスパムと定義するなら、将来的な事まで視野に含めると、何がスパムで何がスパムでは無いのかを判断するのは、サーチエンジン管理者にも難しいでしょう。

もちろん外部の人間である私たちには不可能です。

という事は意識的にSEOスパムを取り入れるような行為は問題外としても、あまり神経質になってもどうかと思われます。それはともかく、SEOをアクセスアップに取り入れる際には、現段階でSEOスパムと定義できるものを理解しておく必要があるでしょう。

■ 一般的にSEOスパムと定義されている技術は使わない

1. キーワードの羅列

ターゲットとなるキーワードを羅列して、密度を高くするという事はもっとも初歩的なスパムです。一般的には、同一のキーワードが10%以上あるとスパムとなる可能性があります。尚、上位に表示させたいキーワードをメタタグやタイトルタグなどに2回以上記述するとスパム扱いされます。

2. 隠しテキスト

隠しテキストとはユーザーの見た目には不自然で無いように、背景と同じ色か、あるいはそれに近い色を用いて、キーワードを羅列する行為です。キーワードの密度を上げたり、よりたくさんのキーワードでサーチエンジンにかかることを目的としています。

何処のサイトでも良く見かける微笑ましいスパムですが、発覚しやすいだけに見付かると恥ずかしいです。

3. リダイレクト

リダイレクトとは、ユーザーを自分が意図するページへ自動的にジャンプさせる技術です。refreshタグ、JavaScriptのいずれも、リダイレクトはスパムとされます。URLを変更した時の、「このHPは引っ越しました。5秒後に自動的にそちらへジャンプします」と言うアナウンスもスパムと見なされます。

4. ミラーサイト

ミラーサイトとは鏡のように全く同じデザイン、同じ内容のサイトを複数作ることです。SEO指南書には堂々と有効なテクニックとして紹介されていたりしますが、Googleの「WEBマスターのためのガイドライン」にははっきりとスパムと定義されています。

5. リンクファーム

リンクファームとは、ページランクを上げる為に意図的にリンクをしあう事です。注意したいのはリンクファームからリンクが貼られている場合ではなく、自サイトからリンクを貼った場合に参加したと見なされてしまうことです。悪質なSEO業者などが利用しています。

6. クローキング

クローキングとは、サーチエンジンごとにそれぞれで上位表示が出来るように、違うページを用意して、各サーチエンジンのスパイダーに見せ付けると言う難易度の高いスパムです。

Googleでは、表示順位の操作を目的とする、クローキングしているサイトに対して、インデックスから永久に追放する場合があるとアナウンスしています。

最も悪質なスパムですので、絶対にやらないで下さい。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則36:SEOを制する者はアクセスアップを制する その③
鉄則36:SEOを制する者はアクセスアップを制する その③
良質なリンクを確保する
リンクポピュラリティとはGoogle的に評価(以下、ページランク)の高いページからどれだけ沢山のリンクが貼られているかということで、順位付けられる基準です。

よそのサイトからリンクされていると言う事は、そのサイトから評価してもらっているので、沢山のリンクがされているページは優れていると言う事です。

ただし、単純にリンクされている数が多ければ多いほどページランクが上がるというわけではなく、悪質なページからリンクされていたり、あまりにも被リンク数が多い場合、逆にページランクが下がってしまいます。良質なリンクをいかにほどよく確保するかが求められています。

■ リンクポピュラリティを上げる方法を覚えよう

1. 「Googleツールバー」を導入して、ページランクを把握しよう!

「Googleツールバー(http://toolbar.google.com/T4/intl/ja/index_xp.html)」とはGoogleが提供しているフリーソフトのことで、リンクポピュラリティに関するそのページの評価を10段階に分けて表示してくれます。SEO対策の第一歩として、まずは自サイトのページランクを確認してみましょう。目安として最低でも「3」、「4」ならOK、「5」なら満足と考えて下さい。

2. 自サイト内の全てのページからリンクを貼り合う

Googleのリンクポピュラリティの概念では、自サイトから貼ったものも、他サイトから貼られたものもリンクとして考えられるので、沢山のページがあるHP、ブログというのはそれだけでSEO的には有利と言えるでしょう。

また、全てのページからトップページへのリンクを貼ると同時に、サイトマップを用意し、全ページに貼り付けておけば、ロボットもスムーズに巡回できます。

3. 他サイトから沢山のリンクを貼ってもらう

他サイトからリンクを貼ってもらう時はリンク集に登録する、相互リンクをするなどが上げられますが、それぞれの手段については後ほど解説します。

自サイトがページランクが0とか1しかない場合はこうしたところに登録して、少しでもページランクを上げるというのも有効です。

ただし、掲示板のようなCGIを使っている動的ページからのリンクはそれほどページランクに貢献しません。また、リンクファームのように、何の脈絡もなくただページランクを上げるためだけに存在するようなリンク集からのリンクは、スパムとみなされ、ページランクを落とされてしまう可能性があります。

4. ページランクの高いサイトにリンクして貰う

自サイトのページランクを上げるのに最も効果的なのはページランクの高いページからリンクしてもらう事です。具体的な手段としてはYAHOO、DMOZなどのディレクトリ型サーチエンジンに登録してもらうと言うのが最も効果的です。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則35:SEOを制する者はアクセスアップを制する その②
鉄則35:SEOを制する者はアクセスアップを制する その②
キーワードをページの中にちりばめる
Googleは検索されたキーワードについて書いてあるページを探し出し、一定の基準を満たしているものから順に表示します。

例えば「アフィリエイト」という言葉を検索したとき、アフィリエイトという単語が書かれているページを拾い出し、Google特有の判断基準に基づいて、優秀なページから順に表示しているのです。

したがって自分のHP、ブログの内容に照らし合わせた時、どんなキーワードを検索したお客様に来て欲しいのかを考えて、それらのキーワードをページの中にちりばめる技術の事をキーワードマッチングと言います。

■ より効率的にキーワードをマッチさせる

1. 独自ドメインを取得する

Googleでは同一ドメインの場合、2つのページしか表示してくれません。プロバイダ等のHPスペースを利用した場合、自サイトが表示される確立が極端に減ってしまう可能性があります。つまり、特定のキーワードについて、どんなに素晴らしいHPを作っても、そのドメインの中で3位以下と判断されれば、表示機会を失ってしまいます。

2. メタタグを挿入する

メタタグとはHTMLタグの内、~ の中に書かれているべきのもので、基本的にタイトルタグ、デスクリプション、キーワードタグの3つです。

テキストマッチにおいて、Googleが最も重要ししているのは、なんと言ってもタイトルタグです。ここにターゲットのとするキーワードを織り交ぜる事はSEOの最重要課題であり、これを間違えてしまうと、後の物はほとんど役に立ちません。

またメタタグには他にディスクリプションタグ、キーワードタグがあります。以前はSEO対策としてこれらのタグにキーワードを織り交ぜても無視するロボットが多かったのですが、最近ではこれらにかかれた場所のキーワードを拾うようになったところもあるので、極力記述しておくべきです。

3. そのページの最初に重要キーワードを置く

テキストマッチにおいて、Googleが重視しているのが、そのページの最初に書かれたキーワード、特に30個目までが重要とされています。したがって、ここにターゲットとなるキーワードを記入するとその単語について書かれたページと認識してくれます。

ただし、この最初の方と言うのはタグ的にと言う意味なので、画像を配置していたり、テーブルで区切られていたり場合などは、たとえブラウザ上で見た目に上にあったとしてもそうでは無いという事に注意して下さい。

4. 大事なキーワードをより強調する

(1)見出しタグ

文中に重要なキーワードをH1タグで記入すると、そのサイトの見出しとして重要視されます。ただしH1タグは1サイトに一つくらいにしておかないとスパムと見なされてしまう可能性があるので、乱発は避けるべきです。尚小見出しにはH2~H6を使います。

(2)アンカーテキストリンク

アンカーリンクとはテキストリンクに書かれているキーワードの事です。

リンクに書かれているテキストは重要なキーワードが含まれているとし、リンクしているページ、リンクされているページともにそのキーワードに関する評価が上がります。特に自サイトの内部で誘導するリンクを貼る場合、「トップページへ」とか「こちらへ」と書かれたリンクを見かけますが、Google的にはそれらのページは「トップページ」とか「こちらへ」に関する事が詳しく書かれたと認識します。

必ずページタイトルなど、キーワードを意識して挿入しましょう。

(3)ストロングタグで文字通り重要キーワードを強調する

このタグを使う事によって、SEO的にも外見上も大事なキーワードを強調する事が出来ます。見出し以外の本文で使うと有効でしょう。の間に挿入した文字を強調します。

(4)文字サイズの変更をする

文字サイズを大きくする事は先述した見出しタグと外見上似ていますが、SEO的にはやや重要度が低くなるようです。

(5)その他のタグ

文字強調のたぐとして他にも太字()、斜体()、下線()などがありますが、これらは先述したものよりもSEO的には重要度が低いものですが、外見上強調するという使い分けをすれば有効です。

5. キーワード密度を意識する

特定のキーワードが複数書かれているページは、そのキーワードに関しての重要度が上がります。ただし、あまりにも多すぎるとスパムと判断される為に、一般的に全文の中に含まれるキーワードの割合は5~8%以内だったら問題ないとされています。それらを意識しながら、行き過ぎないようにキーワードを増やしていきましょう。

6. 一ページ一項目に止める

1枚のページに沢山の事項を盛り込むと、キーワードが相殺しあい何について書かれているのかぼやけてしまいます。

あまりにも多くの事が書かれている場合は、なるべく1ページ1項目になるようにして、どんな内容のページなのか明確にしましょう。

そこに書かれていることを新たなページを作って分けてしまえば、リンクポピュラリティにもよい影響を与えるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則34:SEOを制する者はアクセスアップを制する その①
鉄則34:SEOを制する者はアクセスアップを制する その①
まずはSEOを理解しよう
SEO(Search Engine Optimization)とはサーチエンジン最適化という意味で、Yahoo!やGoogleなどの「サーチエンジン」で検索された時に自分のHP、ブログがより上位に表示されるようにする為の技術の事です。

現在インターネットを利用している人の80%は自分の知りたい情報をサーチエンジンで探していますが、さらにその90%は最初の1~2ページ目(10~20サイト)を見ただけで、調べるのを止めてしまうというデータがあります。

つまり、より多くのお客様を呼ぶには、サーチエンジンの中で表示される位置が前のページであればあるほど、しかもそのページの中で上位にあればあるほど、利用者の目に付き安く、訪問者も増えると言うわけです。

もちろん1ページ目の最上段に来るのが最も良い事は言うまでもありません。

ところでYahoo!のように管理者が一つ一つのサイトを手作業で管理しているサーチエンジンをディレクトリ型サーチエンジンと言いますが、この場合、何処に自サイトが表示されるかは管理者の胸先三寸であり、外部の者が順位を変更させる事は困難です。

一方、Googleのような特定のアルゴリズムによって、順位を変動させているロボット型サーチエンジンの場合は技術介入によって、自分のHP、ブログをより上位に表示させる事は可能です。

したがってSEOとはロボット型のサーチエンジンのなかにおいて如何に上位に表示されるかという技術のことを指します。

昨今、このSEOはアクセスアップの花形的存在として注目され、沢山のサイトから取り上げられています。

アフィリエイトでお金を稼ぐ為にはSEOをアクセスアップの中心として考え、メジャーなキーワードで上位表示を目指す必要があるのです。

① SEOはGoogle対策を中心に攻略する

SEOはロボット型のサーチエンジンに対する技術である事は先述しましたが、中でもとりわけGoogleは良質なサイトを上位表示させる技術が高く評価されており、数あるロボット型サーチエンジンのなかでも利用者が多い事で知られています。

SEO対策はGoogle対策と言っても過言ではありません。

② Googleの表示位置を決める2つの要素

Googleは検索されたキーワードについて書かれたページを探し出し(キーワードマッチング)、その中で独自の基準で判断したページランク(リンクポピュラリティ)の高いサイトから順に表示されると言うシステムをとっています。

Google対策はこのキーワードマッチングとリンクポピュラリティという2つの技術に秀でている必要があります。

*********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則33:アクセス解析を活用して訪問客の足取りを把握しよう
鉄則33:アクセス解析を活用して訪問客の足取りを把握しよう
効率の良いアフィリエイト収入を稼ぐための必須ツールがある
アクセス解析とは、自サイトに来たお客様に関する情報を集計、分析するツールです。

具体的には何処のリンクを経由して来たか、サーチエンジンを経由して来た場合、どんな言葉で検索してきたか、最初に来たのが、自サイトのどのページなのかなど、様々データを把握する事が出来ます。

アクセスアップにおいては、効果が無いこと、やらなければ良かった事に膨大な時間を費やしてしまいがちです。失敗した経験はとても大事ですが、失敗から学ぶ為にもデータの蓄積と分析は必要不可欠です。

アクセスアップに取り組む最初の一歩として、アクセス解析を導入しましょう。

1. アクセス解析(忍者ツール)

2. アクセス解析(アクセスアナライザー)

■ アクセス解析を利用して自サイトを分析する

1. お客様が何処のリンクを経由して訪問したかを把握する

何処のサイトからお客様が来たのか、そのリンク元を知る事が出来ます。

お客様を沢山送ってくれるリンク元は大事にお付き合いする必要があります。一方で、効率の悪いアクセスアップ作業になるべく時間をかけないようにすると言う事も大事です。

2. どんなキーワードで検索してきたか把握する

サーチエンジンを経由して訪問したお客様が、どんな言葉で検索して自サイトまでたどり着いたのかを把握する事はとても重要な事です。

意外なキーワード、もしくはキーワードの組み合わせを知る事が出来ます。

また上位表示されていないのにアクセス数があるということは、お客様のニーズがとても高いと言う事なので、更に上位を目指して、効率的にアクセスを伸ばす事が出来ます。

3. 自サイトの何処に始めて訪れたか把握する事が出来る

多くのWEBマスターはトップページにアクセスが集中していて、そこからいろいろなページへ巡回していると考えがちですが、サーチエンジンで来たお客様は、最初にサブページを訪問する事も多いです。

特にトップページにはないような、具体的で詳細な情報を探しているお客様はその傾向が高いようです。

アクセス数が高いページは何処なのか把握し、コンテンツを充実させる事によって、さらにリピーターを増やす事が出来ます。

4. 特別なアクションを起こした時の情報を把握する

新着情報の更新、メルマガの発行、相互リンク、懸賞の実施など、サイト内で行われている様々なイベント時にどのくらいの効果があったのか把握する事が出来ます。

高い効果のあるものがどんなものなのか把握できれば、その後も効率の良いアクセスアップが期待できます。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則32:時間節約!使えば分る便利なツール集
鉄則32:時間節約!使えば分る便利なツール集
様々なソフトが作成の手間を省く
1. ホームページビルダー

ホームページビルダーはその名の通りHPを作成する為の非常に便利なソフトです。

HTMLの知識がなくても、買ったその日からHPが作れるようになっていて、FTPツールも画像作成ツールも一通りそろっているので、これさえあれば他に何もいらないように出来ています。

HPソフトは多数ありますが、最も売れているのは、このソフトでしょう。手引書も多いですし、解説サイトも多数あるので、操作に困った時など便利です。

2. Speeeed

複数のファイル内の文字列を一気に別の文字列に置換する事が出来るソフトです。HPの更新作業には全てのページの特定文字列を削除したり、別の言葉に置換しなければならない場合が頻繁にありますが、このソフトを使うと膨大な時間と手間を一気に省く事が出来ます。

3. SmartFTP

FTPソフトと言うと、「FFFTP」が有名ですが、最初に設定しておけば、自動的に特定のファイルをアップロード&ダウンロードしてくれます。サーバー間のファイル移動まで出来てしまう次世代型のFTPツールです。

4. 懸賞Heiper2!

登録した言葉をクリック一つで貼り付け作業をしてくれるソフトです。本来、懸賞向けツールでしたが、アフィリエイターには必須アイテムといえるかも知れません。

5. マウ筋

マウスゼスチャーと言う概念により、あらかじめ登録しておいた任意の命令を実行するようになります。ここで、この便利さを伝えるのは難しいのですが、これがあるとキーボードに頼る回数が激減します。

6. AutoRuner!

ウインドウズ上で行われるマウス動作やウインドウズの動きなどを、指定時間や指定間隔に実行してくれるソフトです。繰り返しの単純作業が多いHP作成作業において、自動で何でもやってくれるこのツールにはどれくらい助けられているかわかりません。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
04/24
鉄則31:著作権を守り、自サイトのコンテンツを守れ!
鉄則31:著作権を守り、自サイトのコンテンツを守れ!
コンテンツを盗まれる事はお金を盗まれるのと変らない
時間と労力をかけて作った自分のHP、ブログのコンテンツが、ほんの一分もしない間に、全てをコピー&ペーストされて、他人のサイトで流用されてしまうということは珍しい事ではありません。

匿名性の高いネットではなんでもありと勘違いしている人間がまだまだ沢山いるのです。

しかも、外部の人にとってはどちらがオリジナルか分からないので、下手をすれば、貴方のサイトが無断コピーしたと疑われかねません。

自サイトのコンテンツは大事な商材であり、それをコピーされてしまうことは現金を盗まれる事と同じと理解しましょう。

■ 自サイトのコンテンツを守る

1. コピーライトを表示して著作権を主張する。

ネット上のものならコピーしても罪に問われないと信じている人達がまだまだ沢山います。コピーライトを表示することで、著作権の所在を明らかにするとともに、著作権に対するスタンスを明示しておきましょう。

2. 画像の埋め込み

テキストの中に見た目ではほとんど分らない小さな画像を埋めておきます。テキストだけコピーしたつもりでも、画像まで一緒にコピーしていたら決定的証拠となります。もちろんその画像にはALTの挿入やリンクなどを入れておくと尚一層効果的です。同じ意味では表示されないタグもいいかも知れません。

ただし、こうした行為はスパイダーから見るとスパムと見なされてしまう可能性があるので、どうしても守りたいと言うところだけにしておきましょう。

3. 右クリック指定を禁止する

右クリック禁止タグ化など、こうした試みは他にもありますが、どんなに技術が発達しても、完璧に防ぎきれる事は出来ません。

しかしそれでもHTMLに精通していない大多数の初心者に対しては、これらの技術でも充分と言えるかも知れません。タグを打ち込みさえすればたいした技術ではないので、一通りことはやっておきましょう。

4. HTMLソースを暗号化する

HTMLソースの暗号化は、現在考えうる著作権防衛システムかもしれません。余程の上級者で無いと、コピーされる事はないでしょう。しかし、HTMLソースを暗号化するだけに、SEO対策にも影響を及ぼすのではないかという疑問もあります。

■ 他サイトのコンテンツを盗んでも成功はしない

1. 読者からの告発がある

自サイトのコンテンツが盗まれてしまった場合、わざわざ自分から探しに行かなくても、一般のお客様が通報してくれます。盗んだサイトのアクセス数が上がれば上がるほど、人の目に触れる可能性も高くなり、ひいては盗作が見付かる可能性も高くなるというわけです。

2. アクセスアップの技術までは盗めない

容易にコンテンツを盗んで儲けようとする人間は、それよりはるかに労力を要するアクセスアップで挫折します。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。