アフィリエイトで稼ぐ方法を具体的に解説しています。成功を信じて諦めない事がコツ。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-ページランクはリンク元の数と質で計算される
ページランクはリンク元の数と質で計算される
それは、貴方のページをより多くの人がリンクするとページランクが高まり、数が少なくてもページランクの高いページからリンクされるとページランクが高まるという事です。
① 貴方のページにリンクしているページ数

② 貴方のページにリンクしているページのページランク

によって決定されるのです。

ページランクは高くなる一方なのか?

例えば貴方のサイトのページランクが現在「4」だとしても、それがいつまでも「現状のままである」とか「現状より高くなる」という保障はどこにもありません。

もしページランクを高める努力を怠ったり、ページの更新を怠ったりすると、どうなるでしょうか?結果として、これまでのユーザーに「もうこのページは役に立たない」と思われてしまい、多くの人たちからリンクを外されてしまい、ページランクがダウンしてしまいます。

さらにページランクがダウンした場合、貴方のページからリンクされている他のページのページランクもダウンします。

さらにページランクがダウンした場合、貴方のサイトからリンクされている他のページもページランクが下がります。このようにページランクは、ネット上の全てのページに相互依存しているため、「ドミノ倒しのように連鎖をする」という特徴があります。この様なマイナスの結果をもたらさらないように、ページランクを特に意識して下さい。繰り返しになりますが、ページランクは、サイトを訪れるユーザーに対してどれだけ

・ このサイトは、更新が頻繁で興味深い

・ このサイトの情報は常に新しく信頼性が高い

というサイトへの評価の現われなので、そう言ったこともページランクから読み取って下さい。

**********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/27
アフィリエイトで稼ぐ-ページランク
グーグルでは「ページランク」でネット上のすぺてのページを評価している
グーグルの最大の特徴はページランクという技術です。この技術によってグーグルは一度参照したページ全てに10段階の評価を与えています。10段階評価の内、10が最も人気度の高いページで、0がもっとも人気の低いページです。

グーグルがページ単位で物事を見ているということは、とてもユニークな発想です。なぜなら、ネットユーザーの多くは各ページを細かく評価すると言うよりも、「あのサイトは面白い」、「このサイトはつまらない」というようにサイト単位で考えるからです。

ページランクは誰でもグーグルのサイトから「Googleツールバー」をダウンロードすれば知る事が出来ます。

GoogleツールバーのダウンロードURL:

http://toolbar.google.com/T4/intl/ja/index_pack.html
ダウンロードした後は、ツールバーオプションの「表示」タブから「PageRank表示」に、「詳細」タブから「ページ情報」にチェックを入れるとこの機能が利用できます。

********

ページランクは受験で言えば内申書

貴方のサイトのページランクを上げるのは非常に重要です。なぜなら、ページランクが高いとそれだけ検索結果ページで上位表示される傾向があるからです。しかし、実際のグーグルの検索結果を見てみると、ページランクが低いページが高いページより上位に表示される事が良くあります。これは、

ページランクが検索結果の順位を決める要素の全てではない

という事を意味しています。

それは順位決定にはページランクの他に、いくつかの重要な要素があるからです。これについては後で一つ一つ説明しますので、この時点で覚えておく事は、ページランクは受験で言うと内申書のようなものだという事です。

なるべく、貴方のページの内申書であるページランクを意識して普段からそれを高める努力をする事は決して無駄ではありません。

*********

アフィリエイトで月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-ハブサイトからのリンク
米国のヤフーからのもう一つの貴重な情報があります。
ハブサイトからリンクされると上位表示される

という点です。

ハブサイトとは、

沢山のLANケーブルが接続されているハブのように、沢山のサイトにつながっていて、しかも同じ同一テーマのサイトにリンクしているリンク集サイトのこと

です。

例えば、「歯科医院」や「歯科医院 埼玉県」などというキーワードで検索して上位表示されるページのリンク元を調べてみるとそのほとんどが、インターネット上にある歯科医院サイトを沢山集めて紹介している歯科医院専門のリンク集になります。

貴方も是非貴方の業種のサイトを沢山紹介しているリンク集サイトにリンク依頼をして下さい。

そのほかのリンク対策

そのほかにリンク対策として重要なものに、

・ 自動リンク集/自動登録型検索エンジンへの登録

・ 相互リンクの徹底

がありますが、これらの対策はグーグルと共通なので、Google編で詳しく解説します。

最後にYST対策として重要なのは、ヤフーのカテゴリ登録サイトになるということです。

以前よりヤフーの技術情報ページにもそのことが書いてありましたが、2005年6月後半になってその傾向が一気に強まりました。YSTで上位表示されているページの7割~10割がヤフーカテゴリ登録サイトになってしまったのです。

ここで、声を大にして言いたい事は、

とにかくヤフーカテゴリ登録をして欲しい!

という事です。登録に費用はかかりますが、もしDVDレコーダーや薄型テレビを買うお金があったら、サイトをいくつも作成して、それらをすべてヤフーに登録して欲しいのです。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-YSTのリンク対策の特徴
グーグルとの違いは?
Google編でも解説しますが、グーグルで上位表示するには、外部サイトからのリンク数を増やさなくてはなりません。また、リンクの数だけでなく、沢山のサイトからリンクされているページからリンクされる必要があります。この鉄則さえ守ってキチンとコツコツと対策を行っていけば、グーグルで上位表示されるのは可能です。

しかし、YSTは、グーグルほど甘くはありません。「何処が厳しいか」というと、YSTではリンク元のページが沢山あってもそれらが同じドメイン名のサイトからリンクされていたら、1つ1つをすべてリンク元と認識してくれないのです。

このことは、Goole編でも詳しく解説しますが、グーグルで上位表示する為には、上位表示したいサイトのトップページに対して別に作成したサイトの全てのページから(例えば100ページ程度)いっせいにリンクすれば上位表示が可能でした。しかし、YSTではこのテクニックは使えません。

それゆえ、グーグルではほとんどのサイトを上位表示させて来た人達が、YSTでは思ったように行かなくて困っているのを何度も見てきました。

① 関連したテーマのサイトからのリンク確保

リンク元に関してもう一つわかった事は非常に重大な発見は、

YSTでは関連性の薄い、あるいは全く関係の無いテーマのサイトからのリンクを、グーグルに比べるとほとんど上位表示に貢献しない

という点です。

グーグルでは100ページ近くもあり、多くの人気ページからリンクされ、上位表示されてきたサイトも、YSTでは思うように行きません。

という事は貴方のサイトのトップページをリンクしてもらうには、テーマに関連したサイトからリンクしてもらう事がYST対策上重要であると言えます。

また、グーグルも徐々にそうなってゆく可能性がありますので、関連性のないテーマのサイトからのリンクも重要ですが、なるべく意図的に関連性のあるサイトからリンクしてもらうように心がけて下さい。

しかし、よく考えてみると関連性の高いテーマのサイトの多くは、貴方のライバル企業だったり、貴方のサイトを厳しく見るサイトが多いので、簡単に出来る事ではありません。

② オーソリティサイトからのリンク

関連したテーマのサイトなら何処でもいいと言うわけでもありません。なるべくオーソリティサイトからリンクしてもらうように心がけて下さい。しかし、一体オーソリティの高いサイトは何処を見れば分るのでしょう?「そのリストが無い」のが現実です。

しかし、よく考えて下さい。YSTを運営するのはヤフーであり、ヤフーといえば厳しい審査基準で有名なヤフーカテゴリー登録サイトを10年近くにわたって運営しています。つまり、

・ ヤフーの社員が丹念に調べて長期間にわたって削除されないで残っているサイト

・ ヤフーカテゴリー登録サイトのすべてからや、古くから登録されているサイト

・ なかなか登録してもらえない滅多に無いカテゴリーに登録されているもの

このようなサイトが、オーソリティサイトではないかという仮説でどうでしょうか?

最新のロボット検索エンジンであるYSTと、古くからあるヤフーカテゴリーの融合・・・。これが事実ならヤフーという企業は、ネット上で今後も過去の経験と実績を活用してさらに発展する企業と言えるでしょう。

③ どうすればオーソリティサイトがリンクしてくれるのか?

もしも上の仮説が正しければ私達は自分のサイトをヤフーカテゴリー登録サイト、しかも古くからある、滅多に載らないカテゴリ(例えば「英語」というカテゴリは古くからあり、最近では滅多に掲載されない登録困難なカテゴリです。)に載っているサイトからリンクしてもらうように働きかけなければなりません。

そんな事簡単にできるのでしょうか?それは貴方のホームページの内容にもよります。もしも、貴方のホームページの情報が、

・ いいかげん

・ ありきたりのもの

・ ただ単に販売だけしようとする「ウリウリ」サイト

であれば、相手もそんなところにリンクする理由がありません。お金を貰ってもリンクしないはずです。そういう厳しい目を持ったところからリンクしてもらえるためには、貴方のホームページの情報の質を高めていく事だけではなく、ネット上の見知らぬ人たちでも役立ちそうな情報を無償で提供する必要があります。

こうした事をすればオーソリティーサイトのブランドの高い運営者が貴方のサイトにリンクしてくれるだけでなく、貴方の見込み客も「貴方の商品知識の背景を信頼できる」とか思ってくれて、商品を購入してくれるようになるかも知れません。

*********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-ページが多い方が有利になる
ページが多い方がキーワードが増えて有利になる
貴方のサイトにページが多ければ多いほど、キーワードがサイト中に散りばめられ、検索エンジン対策上プラスに働きます。

Googleとは違い、YSTは実際に貴方のホームページにキーワードが沢山あるかどうかを正確に検査します。のちほどページの増やし方のコツを解説しますが、この時点ではまず、「ページ数が少ないのは不利だ!」と言う事だけ覚えておいて下さい。

① 200ページあればまず安心!

目標キーワードで第一位を獲得して、なおかつ安定的に第一位にとどまっている企業のほとんどは、サイトの構成ページ数が200ページ以上のところばかりです。数ヶ月ぐらいで、その様な規模のサイトを構築する事は困難ですが、数年間コツコツとやっていればできないことではありません。

ページ数が増えるとキーワードがサイト中に散りばめられるというメリットがありますが、それだけではなく、ページ数が多いということはそれだけで情報がりっちで役に立つようになるので、「外部の人が貴方のサイトを気に入ってくれてリンクをして紹介してくれる」という別のメリットもあります。

長いマラソンだと思ってコツコツとページを増やすようにして下さい。

② キーワードが沢山含まれたページを増やす方法

ただ、そうは言っても具体的に何処から手を付けたらいいのか分らないことがよくあります。そこでこれまで編み出してきたサイトのページ数を増やす工夫を次の1.~9.の9項目で説明します。

1. 商品仕様、成分表のページを作る

インターネットの良い点は、カタログやチラシなどより情報が豊富で公開されているという点です。見込み客の中には、詳しい商品の仕様や成分まで知りたい人がいるかも知れません。彼等に納得して、商品を購入してもらう為にも商品仕様や例えば化粧品等の場合は成分表などを設置してみてはどうでしょうか?そして、意識的に何種類ものキーワードを含めるようにして下さい。

2. Q&Aを充実させる

顧客からよく頂くご質問に関するページを作成すれば、キーワードがどんどん増えていくだけでなく、顧客にとっても分り安いページになってゆき、いちいち貴方に質問をする手間が省けて、より購入しやすくなります。

というのも、ちょっとした事でその都度、質問のメールを書いたり、フォームに入力して相手からの返事を待つ人はそんなに多くはいないからです。

3. 自分の「想い」のページを追加する

商品やサービスの詳細と会社概要しかないサイトほど、味もそっけもないものはありません。有名ブランドの大手サイトならまだしも全国的にほとんど無名の企業の場合、如何にリーダーやスタッフが、自分達がどのように顧客に貢献できるかを自分の言葉で綴った想いをキーワードに含めて文章で伝えられたら、それは見込み客だけではなく、YSTにも通じます。

4. スタッフ紹介のページを作る

人影の無いサイトは閑散としていて、「不自然」と感じる方もいるでしょう。

ネットショップを運営しているサイトには文字と無機質な画像ばかりの場合や、ブランド企業ならばまだしもはじめて見るような無名企業の場合など、「どんな人達が働いているのか、情報提供をしているのか、顔を見てみたい」のが人情というものでしょう。

5. 自社の特徴を紹介する

YSTのようなロボット検索エンジンだけでなく、初めて会った人、つまり初めて貴方のサイトに訪れた人に「貴方の店舗/会社の特徴をしっかりとわかってもらう事は彼等が貴方の商品を買ってくれるかどうかの判断にプラスに働くはずです。いろいろな目標キーワードを含むように意識して貴方の企業の特徴を書いて下さい。

6. 用語集、基礎知識のコーナーを作る

貴方の販売している商品やサービスをサイト上で淡々と説明しても、それだけではユーザーは理解できないこともあります。そして、理解できないままで購入する人は少ないのです。

貴方のサイトの売上を伸ばす為にも、「初心者にはちょっと理解できないかなぁ」と思うような単語は、用語集や基礎知識のコーナーで説明するとかなりのページが増えてゆき、見事に様々なキーワードが含まれたページが増えてゆきます。

さらに、もう一つのメリットとして、そこまで詳しく説明してくれる企業に対して信用を持ってくれるという点です。

インターネット上で物やサービスを販売する場合はリアルに街中で店舗を抱えて販売するのと同じくらいかそれ以上に厳しい面があるのです。

7. 顧客の声や顧客紹介のページを追加する

インターネットで物やサービスを購入する場合、「代金を振り込んだけど商品が届かない・・・」などの不安を持つ方もいます。

そうした人の不安感を取り除いてあげる為にも貴方のサイトからこれまで商品やサービスを買ってくれた人たちから、コメントを貰うように心がけましょう。そして、どんどんそうしたポジティブなコメントを掲載したページを増やしていって下さい。

8. 地域密着型企業は、サービス対応地域のページを設置する

引越し専門店、クリーニング店、行政書士、飲食店などのように一定の地域を対象にしたサービスを提供している企業のサイトをYSTなどの検索エンジンを利用して探す場合、その検索キーワードには「商品/サービス名、地域名」というように「地域名」を検索キーワードに追加することが良くあることです。

9. サイトの全ページの下部にサービス対応地域名を書く

サービス対応地域に関するページを設置しても上位表示できない場合は、更に徹底して、サイトのページ内の随所に対応地域名のリストを掲載するようにして下さい。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-ページごとにしっかりコンテンツを絞り込む
同じページの中に複数のテーマのキーワードがあると、上位表示しようとしても上手く行かない事がよくあります。
例えば「金魚」と言うキーワードで1位を目指しているのに、金魚の情報ページの中に健康食品の商品情報がある場合などがそれです。

これではYST等の検索エンジンだけでなく、個人が見ても、「一貫性がない不思議なショップだ」と思ってしまい、売上に響く事もありますので、1ページには1つの商品/サービスという原則を貫くようにして下さい。

例えば「ゴルフ用品」と言うキーワードでYSTやグーグルを検索しても、ヤフーのトップページや楽天市場のトップページは上位に表示されません。しかし、楽天のゴルフに関するコーナーのトップページや、価格.comのゴルフに関するコーナーのトップページ、あるいはゴルフ専門サイトは上位表示されやすい事が分ります。

1サイト1テーマの徹底と全てのサイトをヤフーカテゴリーに登録する!専門サイトをどんどん作ろう!

どうしても様々な商品を販売したい、なおかつYSTでも上位表示させたい方は、商品ジャンルごとにサイトを作成しておいた方が良いでしょう。ヤフーカテゴリーにそれら一つ一つのサイトを数回登録すれば、さらにYST対策の効果は飛躍的に上げる事ができます。

最近の傾向として、儲かっている企業は様々なテーマのサイトを毎月のように作成しています。それら全てをヤフーカテゴリに登録してはカテゴリからの集客だけでなく、YSTでも、更にはヤフーカテゴリー登録サイトを評価するグーグルやMSNサーチ対策まで効果的/効率的に行っているのです。

そもそもどんな企業のサイトでも、時間が経つにつれて様々な情報が増えてゆき、その結果わずらわしくなったりする事もあります。つまり、1つのサイトで取り扱う情報の幅には限界があるのです。情報の深さは、そのサイトに詳細ページを追加する事で深めて行き、同時に情報の幅は様々な面白いタイトルの専門サイトを作成する事で広げて行きます。それが、インターネット上でビジネスを成功させる上で最も確実で成功するためのノウハウとなります。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-全ページにビックキーワードを入れる工夫
サイトの中にある全てのページで、第一目標キーワードである競争率の高いキーワードを本文中のいたるところに入れる工夫をして下さい。
そうする事によってYSTは、「貴方のサイトはそのキーワードのについてのものだ」としっかりと認識してくれるようになり、結果として上位表示をしてくれるようになります。

全ページのどこかに第一目標キーワードであるビックキーワードを入れる工夫をお薦めしています。

なおかつ、全ページのタイトルタグの中にもどこかに必ず第一目標のキーワードを入れるようにして下さい。

写真や画像の下に解説を入れる

キーワードを貴方のページのなかでむやみやたらと増やすと、それを見た貴方の見込み客たちは奇妙な印象を残す恐れがあります。それを避けるために、見た目のよさを保ちながら自然にキーワードを散りばめる工夫をする必要があります。

その様な時にお薦めなのが、「ページの画像の下にそれについてのキーワードが含まれた解説を入れる」というキャプションの使用です。

テキストリンク等の下、周辺に導入の文章を入れる

「画像の下にキーワードの含まれたキャプションを入れると良い」と前述しましたが、画像だけでなく、ページ中にテキストリンクがある場合も、その下や周辺にキーワードが入った文章を入れてみたりしていくと、どんどんキーワードが散りばめられてゆきますので試してみて下さい。

大見出し/中見出し/小見出し/にキーワードを入れる

YST対策上、ページ内やサイト全体にキーワードが多ければ多いほど上位表示がされやすくなりますが、むやみやたらと入れてもユーザーにとっては見難いページとなり、本来の目的であるメッセージを伝えると言う重要な目的を失う事になります。

そのような制限の中でも、キーワードを効率的にちりばめる方法として、大見出し/中見出し/小見出し/にキーワードを散りばめるという手法が有効だと言う事が分ってきました。

一般的に文書は、一番上に大見出しがあり、その下の2つ目の階層には中見出し、そして3つ目の階層に小見出しから構成されています。このような階層構造が米国の文章構造です。

インターネットは、米国で生まれ世界中に普及しました。その米国で生まれたグーグルやYSTなどの検索エンジンは、米国の文書構造に基づいてサイトのページを解析しています。

ですので、貴方がYSTにしっかりと、ページの大意について理解してもらう為には、この3階層構造に基づいてページを作る必要があります。

YST対策上、そのほかの注意点としては、

① サイト内リンクはタグを使ってなるべくテキストかGIF、JPG、PNG画像で行う

② CGI、PHP等のダイナミックページは避ける

③ フレームは避ける

等がありますが、これらはGoogle対策とも共通しているのでGoogle編を参照して下さい。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-タイトルタグの冒頭から重要キーワードを順番に入れる
タイトルタグの冒頭から重要キーワードを順番に入れる
次に最も効果のあったのは、タイトルタグに余計な事は書かずに重要なキーワードの順番に記述するというものです。
タイトルタグについての詳細はGoogle編で詳しく説明しますが、タイトルタグとは、ブラウザで貴方のページを見たときに一番上に表示される、そのページのタイトルを記述する部分です。



メタタグは2種類用意し、ページごとに異なったものを使用する

メタタグと言うのは画面で直接見えないのに、YSTなどのロボット検索エンジンだけが認識してくれる隠し文字のような部分です。つまり、YSTに対して貴方のページが「****についてだとアピールできる部分です。





上記のように、「META name="keywords"」というメタキーワードと「META name="description"」というメタディスクリプションがあります。

グーグルはメタタグをあまり重要視しない設計になっているので、メタデスクリプションだけを参照します。しかし、気をつけなければならないのは、「YSTはその両方を重要情報として見る」と言う事実です。

しかもヤフーのサイト関連の技術情報ページを読むと、

・ ページごとに異なったメタタグを記述すべき

・ 真実を書くように

などというアドバイスが載っています。ページの本文中に書いていない言葉ばかりをメタタグに書きすぎると、ペナルティが与えられて検索順位が下がるリスクがありますので、気を付けて下さい。

また、一つの目安として、メタタグとするキーワードはどんなに多くても20個以下にする事、同じ単語を繰り返さない事、そしてメタデスクリプションは多くても50文字以下にすることを実践しています。

第1行目、第2行目などページの上部にキーワードを使用する

YSTが最も重要視する箇所は、本文中では一番上の部分、第1行目、第2行目のあたりです。その部分にキーワードを意識的に入れて下さい。できればトップページだけでなく、全てのページで徹底して下さい。

また、キーワードを入れるだけではなく、なるべく大きな文字で表現するようにして下さい。YSTも第1行目、第2行目の目立った部分にキーワードがあり、なおかつ最も大きな文字で書いてあるなら、

・ そこに含まれる言葉は重要なのではないのか?

・ そのページの趣旨なのではないのか?

と認識してくれるようになります。

*********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-目標キーワードの設定方法
グーグルとは違うYSTの事実
まず最初に分ったのは、

グーグル対策のように外部サイト、つまり別のドメインから沢山リンクを貼って見ても、YSTでは上位に表示されない

というショッキングな事実でした。

注意点

ここでの注意点は次の二つです。

まず一つ目は、「ビックキーワード」での上位表示はほとんどの場合すぐには実現できません。しかし、焦らずに、「6ヶ月以内、一年以内くらいのスパンで実現できる」と思う事、そして、「ここで解説するテクニックを実践する」ことです。

二つ目は、「スモールキーワード」は実際に貴方の見込み客が入力しそうなキーワードを予測して、比較的短期間でいくつもの「スモールキーワード」で上位表示を達成する事を目標にする事です。

■ 理想的なキーワード出現頻度は本当に5%なのか?

次にYST対策としての方法を探る為にした事は、よく巷で言われるようにトップページの中にある目標キーワードの数を全体の5%前後にする事でした。しかし、実際に試してみると、数週間たっても順位に影響はありませんでした。

考えてみれば、上位表示したいページの中に目標キーワードを5%前後にした方が良いかどうかという事は良く聞かれることですが、「5%前後にした方が良い」と言うのはあくまで目安で、「5%にしたから上位表示できる」と言う保証は一切無いのです。

① キーワードは上位表示させたいページの中でもっとも多い言葉にする!

そこで「特定のキーワードで上位表示されているサイトのページの中身を調べる」と言うもっとも単純で基本的なことを試してみました。それを行う際に使ったソフトは、メニューの中にある「キーワード出現頻度解析」と言う無料ツールです。

上位3位までの検証結果、検索キーワードはそれぞれのページの中で一番出現頻度が高いと言う事です。

② ライバルのページよりも順位の高いページを調べて、それを上回る目標キーワードをホームページに入れる

ただ、もう一点だけ提案したのが、ライバルのページよりも上位に表示されている目標キーワードの出現頻度を調べて、彼等よりキーワードが出現する頻度を増やしてもらう事ことでした。

③ 目標キーワードを増やす時には他の単語とバランスをとる

注意点として、先ず一つは、ページ全体の単語を増やさないで目標キーワードだけを増やしてしまうと、書きすぎになり、逆に順位が下がってしまうリスクがあるということです。

二つ目は、ページの中に同じ単語が多く書かれすぎていると、ユーザーにとっては見苦しいページになってしまい、悪い印象を与えます。ですので、目標キーワードを増やす場合は、同時に他の単語も増やしてバランスをとるようにして下さい。



ポイント

① ツールを使って、目標キーワードを洗い出し、ライバルより一つだけ多くキーワードを入れる。

② キーワードはバランスの取れた数を入れる。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
05/25
アフィリエイトで稼ぐ-YSTの正体
YSTは世界で最も人気のある検索エンジン「グーグル」に対抗する為に開発されました。
ヤフーが最初に行ったのは、ロボット型検索エンジン業界では老舗のInktomiの買収でした。そしてヤフーはそのInktoniのロボット検索エンジンをベースに、その後買収したaltavistaとallthewebの技術をミックスしてYSTを完成させました。

YSTの対策を最初に考えようとした時、まず行った作業は、ヤフーが買収した3つのロボット検索エンジンと広告媒体用サイトの特徴を調べる、と言う事でした。

① alltheweb: http://www.alltheweb.com/

② altavista: http://www.altavista.com/

③ Inktomi: http://www.inktomi.com/

④ Overture: http://www.content.overture.com/d/



① allthewebの特徴

まず最初にallthewebの特徴ですが、グーグルと非常に良く似ており、データ量もグーグルに匹敵するくらい充実しており、最大の特徴は、

外部サイトからキーワードの含まれた語句でリンクされているページが上位表示される

というものでした。グーグル編で詳しく解説しますが、グーグルは「ページ単位のリンクが多いページやサイト単位のリンクが多いページから、リンクされたページを上位表示する」と言う特徴があります。

ポイント

ここで言える事は、ヤフーはグーグルと非常に良く似ていて、外部リンクが多ければ多いほど上位表示されるという技術を獲得したということです。

かつて人気のあったにもかかわらず世界中で数多くの旧式ロボット検索エンジンがその人気を失って行きました。なぜなら、それらの特徴は、ページ内のキーワードが沢山埋め込んだページやスパム(検索エンジンで上位表示をするための好ましくない行為)ページを上位表示してしまう弱点があったからです。

そこで、一躍脚光を浴びて人気が出てきたのがグーグルでした。なぜならグーグルは、それまでの旧式ロボット検索エンジンとは違い、ページの中にある情報よりも、外部サイトからのリンクの多さをそのページの人気度を表す指標としてとらえて、外部サイトからのリンクの多いサイトを上位表示されるようにしたからです。

その結果、社会からリンクと言う形で評価されて、ユーザーにとって役立つ、本当にユーザーが求めているページが上位表示されるようになったのです。

allthewebを手に入れたヤフーは、グーグルが人気を集めるようになった技術に限りなく近い技術を手に入れたのでした。さらにはグーグルに匹敵する大量のデータまで入手したのです。

② Inktomiと ③ altavistaの特徴

一方Inktomiとaltavistaの方は、

外部からのリンクよりもページ中、サイト全体の中に如何に多くのキーワードが入っているかによって検索順位を決定する

という特徴を持っていました。

当然、キーワードを沢山埋め込みすぎると、スパムだと判定されますが、ほとんどの場合、ぎりぎりのところまでキーワードの埋め込みに成功したページが上位に表示されるという傾向がありました。

ポイント

ここで言える事はYSTは外部リンクを評価する技術を持ったallthewebとページやサイト全体にわたるキーワードの多さを見抜く事ができる技術を持ったInktomi、altavistaの両方の技術が融合されたものだと言う事です。

この事は何を意味するのでしょうか?

それは、貴方が自分のサイトをYSTで上位表示させる為には、サイト内に沢山キーワードを入れる事です。さらにページも増やして、なおかつ外部の沢山のサイトから紹介してもらわなくてはならないと言う事です。

④ Overtureの特徴

2003年末、ヤフーはOvertureを買収する事を決定し、現在、Overtureはヤフーの子会社になっています。Overtureの特徴は、

数多くの広告主のニーズに関して答えるノウハウを持っている

ことです。ヤフーは広告媒体用の検索技術やマーケティング技術において、Overtureの持つノウハウを一瞬にして獲得したのです。

**********

アフィリエイト(アフリエイト)で月10万円確実に稼ぐ方法!
Copyright © 2005 アフィリエイトで稼ぐ方法.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。